佐賀の山林

b0260454_22563937.jpg画像は今年の3月に撮影した佐賀市北部の大和町付近の人工林の山林です。杉かヒノキかは分かりません。混合林かもしれません。三瀬どんぐり村とかある辺りです。
赤茶色に変色しています。すごい色です。
これを見た当初、「枯れているのか?」と思いました。花粉にしては色が濃すぎると思って。車に同乗していた家族も「こんなの見たことないね」と。
関東在住で登山をされる方や近所の植物に詳しい方にも写真を見ていただきましたがいずれも「ここまで濃い色になるのはちょっと見たことがない。珍しい。」とのことでした。
5月に再訪したところ、ほとんどの林が緑色に戻っており、3月の状況は枯れたのではなく花粉が異常に大量発生したのだろうと思われます。
3月に見たとき、県境の背振峠を越えて福岡市内に入ったら、若干赤茶けた人工林が見られるものの、毎年見られるレベルのものでした。峠を境に福岡側と佐賀側で全然山の色が違ってたんです。

あの異常な花粉の発生は前の記事に書いた佐賀市内への「フォールアウト」が原因かもしれないと、記事を書きながら気が付きました。木々が身の危険を感じ、子孫を残そうと必死になって花粉をいつも以上に産んだのかもしれません。
来年以降、またあの山林の場所に行ったら、お店にでも飛び込んで「毎年この辺りの山林はこんな色になるまで花粉が付くんですか?」と聞いてみたいと思ってます。
b0260454_22571836.jpgb0260454_2257559.jpg

# by theinnforsparrows | 2013-09-29 22:59 | 原発  

佐賀市中心部  8,683.6Bq/kgの放射能汚染

昨年、佐賀市内で高濃度汚染が見つかったという情報が存在することを見つけていたんですが、その後再度検索するも、なぜか見つからずそのままになっていました。
今日、偶然見つかりました。

◆佐賀県佐賀市の佐賀県庁のそばの野球場の表面からの砂利から 8,683.6Bq/kg◆

◆佐賀県佐賀市の排水溝の土から16,959.6Bq/kg◆

ソースは【まっちゃんのブログ】さん2012年4月29日付記事「千葉県柏市の土壌がら97500Bq/kg検出。α線も検出された。」←クリック(後日記:すみません、もうリンク先の記事がなくなってます)
(転載)
アメリカのENENEWSによると福島第一原発から210km,550km,1060kmの土壌のサンプルを調査した結果、最高で千葉県柏市の土壌から97500Bq/kg検出された。
千葉県柏市の住宅の庭から97,500Bq/kg
千葉県柏市の運動場から41,500Bq/kg
滋賀県の震災前に建てられた家の土壌から9,664Bq/kg
滋賀県の公園の土壌から7,225.1Bq/kg
佐賀県佐賀市の佐賀県庁のそばの野球場の表面からの砂利から 8,683.6Bq/kg
佐賀県佐賀市の排水溝の土から16,959.6Bq/kg
柏市の土壌が入っている入れ物は、多くのα線が遮蔽されていた。
土壌を取りだしたときにα線が2倍になった。
(中略)
ソース
http://enenews.com/tokyo-suburb-children-on-playground-dirt-with-huge-amounts-of-radioactivity-alpha-particles-detected-cesium-levels-so-high-it-prevented-detection-of-other-isotopes-video

9ページに土壌サンプルの結果があります。
http://anti-proton.com/japan/Report030312.pdf
(転載ここまで)

管理人です。
ソースの調査結果「Radio-isotopic Analysis of Post-Fukushima Accident Japanese Soil Samples」が英文のため、詳しいことはこれ以上書けませんが、Thomas Watsonという人の2012年発表の調査結果レポートであり、日本各地でのサンプル採取も2012年2~4月頃のようです。(間違ってたらごめんなさい)
この調査結果が事実であれば、フクイチから1,060キロも離れている土地でもこれだけ汚染され、それが事故から1年以上経過しても残留するということです。改めて驚き、恐ろしいことだと感じました。確か、佐賀県北部の唐津市でも数十ベクレルの汚染が発見されているはずです。フォールアウト直後はもっと高い数値だったのでしょう。

サンプルを採取した佐賀県庁そばの野球場というのはグーグルマップで確認してみたところ、佐賀県立佐賀西高校グラウンド内の野球部練習場と推測されます。9,000ベクレル近い酷い汚染の中で生徒たちは授業を受け、野球部員は練習に汗を流しているのです。生徒たちにも佐賀市民の中にも健康被害が相当出ているのではないでしょうか?翻って、たまたま調査チームは佐賀市を選びましたが、九州の他の地域の汚染状況はどうなのでしょうか?
日本のメディアはこういう現実を報道してきたでしょうか?汚染の発表はほとんど福島県内のことに限られています。日本のメディアは福島以外のことは発表しないのに、外国人が九州まで出向いて調査を行い、それをアメリカのメディアはきちんと報道しています。恥ずかしい限りです。
ちなみに管理人は2012年春以降、友人らと北九州市内の土を何度か採取し、検査に出しましたがすべて不検出でした。他の方が出された結果も数件知っていますがすべて不検出。がれきを焼いてもそう土までは汚染が出ないのか(でも健康被害を出すには十分な量が出ていると個人的には思っています)土の採取の仕方が悪いのか、なのでしょう。
また熊本県はフクイチ事故後、全都道府県中、もっともセシウムの降下が少なかったとされています。しかしその隣の佐賀県内に酷いホットスポットができていたとは。

サンプルはおそらく佐賀西高校に許可を得てグラウンドを土を採取したのでしょうから、いい加減な調査チームではないと思われます。
もしかしたら、もしかして、実はフクイチ由来のセシウムだけでなく、2010年12月の玄海原発3号機事故や2012年2月の釜山・古里(コリ)原発事故由来もあるかもしれません。
有明海にも相当の汚染が流れ込んでいる可能性があります。佐賀市中心部から有明海までわずか10キロの距離です。日本一の海苔の産地です。嘉瀬川、筑後川から大量の放射性物質が流れ込んではいないでしょうか?有明海の干潟もたっぷり汚染が溜まってはいないでしょうか?

調査レポートの佐賀県の部分だけ転載しておきます。どなたかこの部分だけでも、できればレポート全体を翻訳してくださると嬉しいです。気長に待ってます。

Sample J-S1 contained the aggregate rocks and sand. The sample had a total mass of 94g and contained gravel from the surface of a baseball field beside Saga prefectural offices, Saga City, Saga Prefecture, Japan. The canisters produced no noticeable count change using a Geiger counter. The calculated activity of J-S1 was 8,683.6 Bq/kg. The spectrum displayed common peaks for the Thorium 232 decay chain. Equilibrium of daughters was evident in minor irregularities in the spectrum around common primary intensity gamma energy lines for 232 Th progeny. Equilibrium of thorium decay chain daughters was detected and common gamma energy lines for 232 Th progeny were identified: 228 Th at 215.99 keV, 131.61 keV, 220 Rn at 549.73 keV, 212 Pb at 238.63 keV, and 212 Bi at 727.33 keV. The thorium decay series isotopes, 228 Th, 220 Rn, 212 Pb, and 212 Bi, support a hypothesis of NORM via the thorium 232 decay chain. No unnatural isotopic indications were found.
Fig 11. Gamma Spectrum of sample J-S1
Sample J-S2 contained soil and sediment form a drainage ditch in Saga City, Saga Prefecture, Japan, with a mass of 24g. The sample produced no noticeable count change from a Geiger counter. A minor increase in counts was detected in
both the [600, 700] keV and [30, 34] keV ranges. Though these ranges are seen clearly in samples J-A and J-B, they were insubstantial to prove radio-cesium activity in sample J-S2, but given the proximity to Fukushima of 1160km, the slight
variance cannot be merely ignored. The overall sample activity, 16,959.6 Bq/kg, was 1.953 times greater than sample J-S, Fig 12. Gamma Spectrum of sample J-S2 and from the same region. Possible natural reasons for the additional activity from the same region exist, such as residue from NORM washout. Radio-cesium can readily bond with water to form cesium hydroxide and hydrogen gas, allowing transport
via precipitation. The sample origin, being from a water drainage ditch, provides
a reasonably likely mechanism for both NORM and radio-cesium hydroxide washout. Pronounced peaks in the lower energy ranges support a NORM hypothesis via the thorium decay chain. 232 Th progeny were identified: 228 Th at 215.99 keV, 220 Rn at 549.73 keV, 212 Pb at 238.63 keV, and 212 Bi at 727.33 keV. The thorium decay series isotopes, 228 Th, 220 Rn, 212 Pb, and 212 Bi, support a hypothesis
of NORM via the thorium 232 decay chain. 137 Cs can be considered due to the small indications of activity, yet a lack of detectible 134 Cs prevents a definite determination of origin for sample J-S2.

# by theinnforsparrows | 2013-09-29 21:40 | 原発  

今日のつぶやき 20130927

2013.09.27
先日PCで「カンジダ皮膚症」をキーワードにググった途端、ネットが落ちた。ブラウザが遮断された。もう一度やった。また落ちた。被曝でカンジダ皮膚症が増えてるからだろうね。
今日、原爆のことをつぶやこうとして、「プルトニウム」と書いた途端投稿画面が遮断された。
以前も、会社で暇な時にPCで「がれき」でググった途端、ネット遮断。それも何度も。
ここまで続くと、単純なトラブルとは考えられんね。禁止ワードがトラップとして仕掛けられとる。管理人の端末はすべてトラップ入り?危険人物扱いか?でもやることがショボいよね。前にも書いたけど、ツイッターのアカウント、何度作っても、あっちゅう間に凍結される。思い当たる節はあるんだけどね。

# by theinnforsparrows | 2013-09-27 00:37  

今日のつぶやき 20130926

2013.09.26
みのもんたの出演自粛について。
「東電の逆鱗に触れた?」
小倉タイムス9月21日号のコラム欄から一部転載。
(ここから)
「…(みのもんたは)記者会見で細川ガラシャの辞世の句を引用し、胸中を吐露する顔はますます何か裏がある、と思わせた。
同人次男の事件は8月13日に起きたのに逮捕は9月11日。みのもんたは9月4日、「朝ズバ!」でフクイチ汚染水問題で相澤東電副社長をやり込めた。
9月8日のラジオ番組で、BBCが連日汚染水問題を取り上げていることや(中略)フクイチ4号基にも近々取材で入る旨を話している。その3日後に次男は逮捕された…」(ここまで)
小倉タイムスは、このみのもんたの件を「秘密保全法」の先取りなのか、としている。

2013.09.26
スマホお使いの方、しばらくスマホを手に持ってたり、画面を操作していたら指先が痛くなったり痺れてくることってないですか?管理人も管理人の娘も指先がおかしくなります。凄い電磁波です。娘の友人は電磁波対策として指でタッチせず、タッチペンを使うよう心がけてるそうです。若い子はスマホなんか危険で使うべきじゃないけど、それはそれでしっかりしとる。
電磁波の専門家らは、スマホはその電磁波のあまりの強さから、「とても使えるシロモノではない」と言っとる。もちろんガラケーの電磁波も体に悪い。海外では携帯電磁波健康被害の訴訟も起きとる。
でも、日本では電磁波は放射能と同じで「健康被害は起きない」ことになっとるからね。
携帯端末の中継塔が屋上に設置されたマンションでは、多数の住人が鼻血を出すなど、健康被害が起きてる。
その昔、労働省が電磁波の労働者の健康への影響を調査しようとしたら、郵政省と、某大手通信企業が圧力をかけて、調査させなかったらしい。調査した後にその結果を潰すんじゃなくて、調査さえさせなかったとはすごいね。いかに危険か分かっとるからこそ邪魔したんだろね。
この「一億総被曝」の日本で、携帯端末の強電磁場は、ヤバイ。ほんとにヤバイと思う。ガン一直線。ガンの進行が早くなってるのも分かるね。
せめてスマホなんか捨ててガラケーに戻すとかした方がいいんでない?あんなすぐ充電が切れる端末なんか製品としては失格だし。

# by theinnforsparrows | 2013-09-27 00:07 | つぶやき  

今日のつぶやき 20130925

2013.09.25
九州電力まで高校を出たばかりの若い社員をフクイチに派遣している。それだけ、もうフクイチに行かせる人間がいないということか。九州からも。若者さえも。これから結婚して子どもを作る若者は行かせるべきじゃない。

2013.09.20
九州電力、ある50代管理職。今年の夏のボーナス、ゼロ。

b0260454_9585783.jpg
2013.09.25
フェイスブックに「2020東京五輪を返上しよう」というグループがあるんだって。盛り上がって欲しい。
でも国内でネットで騒ぐだけじゃ効果はない。海外に輪を広げて欲しい。国内にあってはネットをやらない人に東京五輪の危険性をどう周知していくか。あと7年ある。東京都民、海外の罪もない人々を被曝させてまでオリンピックやっちゃいけねえ。

2013.09.25
【ウィンザー通信】さんより転載
(ここから)
9月15日の投稿より
さきほど、東京都のオリンピックを推進してきた部署に、電話をしました。猪瀬、竹田、安倍の言っている、東京の汚染はないし、これからも大丈夫だ、という発言について、本当に汚染は無いのでしょうか?という質問をしました。
回答:「東京には汚染はありませんよ」
私:「え??????????あなた今なんていいましたか???」
回答:「ですから、東京には汚染がありませんということです」
私:「わかりました、では、これから私がいう事をちゃんと聞いていてください。まず東京都の江戸川区の河川敷の空間線量を測った”公式”のデータがあります。そこには、最大空間線量で、0.30μSV/h出ているような場所もあります。そして、平均値では、除染をする水準の、平均で0.23μSv/hの場所もあります。江戸川区は、東京都ではなかったでしたっけ?」
回答:「そうです。東京都です」
私:「では、これを踏まえて、東京に汚染が無いと言えるのでしょうか?」
次の回答が驚愕です。
回答:「そういうデータがあるのだと思いますが、知事や首相が言っている事が正しいと思います」
私:「あなた、現実をみる気がありますでしょうか?幻想の中で、物事論じるのは止めましょう。事実は認めるが、汚染が無いというのは矛盾してませんかね?」
回答:「ですから、データはそうだと思いますが、汚染は無いです」

私:「では、環境放射線データベースという、”文部科学省”が監修した公式データによれば、福島の事故前の2000年代の土壌は出ていても、たしか一キロ数十ベクレルだったはずです。
しかし、あなた方東京都が出しているデータの、東京都の土のデータは、一キロ300ベクレル位では無かったでしょうか?これで汚染が無いと、どう言いきれるんですか?都内では震災以降、ホットスポットでは、一キロ数万ベクレルでているわけですよ。それに、水元公園が、あまりに線量が高いという事で、除染をやりましたよね?ニュース沙汰にもなっているんですよ。これはすべて真実ですよ。では聞きますが、東京の汚染はありますか?有りませんか?」
回答:「事実はそうだと思いますが、知事が言っている事が正しいと思います」

私:「完全に言っている事が矛盾してますが、大丈夫でしょうか?東京都の見解は分かりました。放射能汚染という現実すらみえない、という事なんですね。そして、知事、首相が正しいというわけですね。理解しました。
ただ、提案としては、先ほど言った現実に向き合って、東京に汚染があることを周知させてもらえればとおもいます」

と、いう事でした。私は、ここまで言うかと思いました。ちなみに、IAEAや東電ですら、汚染水問題は起きているという事に対しても、首相が正しいと見解してました。結論として、わたしが言っているデータは事実だが、汚染は無い!と言い切りました。子供並みの嘘をつかれて、わたしは今日、唖然としていました。
(転載おわり)
この東京都の職員も、がれきを受け入れた北九州市の職員と同じ対応だねぇ。でもここまでバカな回答をする公務員は辞めさせて欲しい。

# by theinnforsparrows | 2013-09-25 10:02