<   2013年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

チェルノブイリ森林火災の二の舞!?

9月21日西日本新聞朝刊からの記事を抜粋、要約。
「20日午前9時55分ころ、北九州市若松区響町一丁目の金属スクラップ業「アールジェイ商事」から出火。屋外に積んでいた金属スクラップ約30立方Mが燃えた。若松署はスクラップの仕分け作業中の衝撃で出火したとみている。金属スクラップなどを扱う施設での火災は各地で相次いでおり、北九州市内では昨年度8回、本年度も今回が5回目。」(以下省略)
友人も言ってましたし、私も思うのですが、以前なら市内でこんなに金属がれきの火災なんて起きてませんでした。去年から異常に多発してます。去年は博多港でも大規模な家電、金属がれき火災が起きました。
なぜ金属がれき火災が増えたのか、その理由らしきものをNHKが報道してました。

【追跡“金属スクラップ火災” 知られざる危険性・背景を探る】←クリック

この番組によると2012年は、金属がれき火災は全国で少なくとも20件発生。前の年の3倍増だそうな。
本来、金属がれきとは、工場から出る鉄くずなどを集めたものだけど、ここ数年、金属の中に家電製品など燃えやすいもの、バッテリーや電池が混ざるようになり、それが火災の原因になっているとみられているとか。ちなみに家電に内蔵されてるリチウム電池に80センチの高さから5キロの重りを落とすと、爆発するらしい。金属がれき置き場では、重機による積み上げや移動で、頻繁に衝撃が加わりリチウム電池が爆発し、家電に火がつく可能性がある、と。関係者によるとリーマンショックで経済が冷え込み、工場が出す鉄くずなどが激減。その埋め合わせに、分解すれば金属が取り出せる、廃家電が集められるようになったのだとか。確かに住宅地で『廃家電無料で収集します』という看板を立てた商売がここ数年目立つようになりました。b0260454_15442834.jpg

家電が燃えれば当然有毒なガスが発生し、煙に乗って周辺に影響を与えるでしょう。困ったものです。

金属がれき火災の原因が本当に家電なのか、そうでないのか、家電以外の他の要因もあるのか・・・?
2011年の秋頃から福岡県内では金属がれきを運搬する産廃トラックを目にすることが非常に増えました。金属がれき以外の廃棄物を運ぶ産廃トラックやトレーラータイプの車両もめちゃ増えてんだけどね。
特に2012年の2月頃からさらにこれらのトラックが大激増。特に北九州市内。この増えたトラックはまず間違いなく東日本の放射能汚染された廃棄物を九州に持ってきている。下水汚泥、ごみ焼却灰etc。
だから、金属がれきを東日本の津波被災地から運んでいるのではないか?それも燃えているのではないか?それらが、より金属がれき火災を拡大させる原因となっているのではないか、とちぃっとばかり疑ってんですけどね。
津波によるヘドロ、化学物質、市街地に存在した様々なごみなど有機物が付着した結果、金属にも火がまわりやすくなる。いったん電池やバッテリーから出火した後、津波がれきが火災が拡がる原因なのではないかと。津波被災地でもがれきの仮置き場でガスが発生して自然発火してましたよね。被災地ではがれきの山を低くすることでガスが発生しにくいようにして、自然発火が減ったらしいけど、北九や糟屋郡などでよく見る鉄くずの山、なんだかすごい積み方しています。高くそそり立ってて何かの拍子に崩壊しそうな山も見られます。あんなに山積みしてはガスも発生してるかもしれません。

で、怖いのは津波被災地の金属がれきが火災で燃えるとしたら、当然セシウムなど放射性物質も飛散するわけです。津波に巻き上げられてがれきに付着していたヒ素なんかも飛んでいく。
私の想像どおりだとすると、金属がれき火災はチェルノブイリの知られざる悲劇「放射能汚染森林の大火災」と同じ効果を生むことになります。
【火災が放射能を拡散させたチェルノブイリ 環境ジャーナリスト山本節子講演】←クリック
この講演から山本さんのお話を一部抜粋します。
「チェルノブイリで1995年に大火災が発生した。この火災の煙の中に何があったのか。調査の結果、PMが放射能を含んでいることが分かった。そのPMに含まれる放射性物質はプルトニウムだった。政府は福島原発で1番の問題はセシウムと言っているが、新潟県知事はストロンチウムも出ていると指摘している。政府はプルトニウムが出ても少しだと言っているが、チェルノブイリの結果ではプルトニウムが1番多かったという結果になっている。
 森林火災で発生したPMにはいろんな核種が入っていることが分かった。最大の核種はプルトニウム。結局、PMを含む煙にさらされると、そこに住む住人、煙の進行方向に当たった住人は内部被ばくのリスクに常にさらされることになる。そして、煙は何千キロメートルも旅をする。
 論文の結論は、事故で周辺の地域は大きな被害を受けた。ところが、即時的な被害だけでなく、何年も経ってから起きる火災でダメージが増幅されていることが分かった。長期にわたる環境影響は否定できない。」

もう一つ、ブログ【一日一回脱原発 & デモ情報in大阪】さん2012年12月30日記事
【山本節子講演『がれき焼却で、なにがおきるのか』PM2.5の危険性を知ろう】←クリックから抜粋転載。
(ここから)
「ウクライナでは20%が森林で80%農地だった。しかしその20%の森林地帯の火災がウクライナ全域に放射能をふりまいているということが分かった。
チェルノブイリの汚染は原子炉の爆発だけで汚染されたと思っていたが、それは誤解だった。いったん降り積もった放射性物質が、山火事や森林火災や農地火災によって定期的にふりまかれていた。最初の爆発による放射能の拡散より、おそらく火災による拡散の方がPMが沢山出てくる。それが怖い。だから燃やしてはいけない。(管理人注:放射がれきを燃やしてはいけない、ということだろう)
火災の煙は非常遠くまで飛ぶ。チェルノブイリ周辺の火災による、放射能を含む煙の長距離移動はスウェーデンの地上モニタリングポストでも観測されている。
1972-85年(原発事故前)の間、セシウムレベルが高かったのは5月。これは大気中核実験の降下物による。しかし1987-2000のセシウムのピークは4月と10月で、原発事故のあと降り積もった放射性物質が火事により拡散したことは明らかである。」(ここまで)

原発は事故もだけど、事故の後にこういう問題が延々と続くわけ。だから作っちゃいけなかった。

話を元に戻しますが、9月20日に若松区でがれき火災が起きた日の午後、若松区の国道199号を小倉方面に車で走っていた知人女性は「運転中に胸が痛くなり、頭がぼんやりしてきた。帰宅すると鼻血が少しでた」とのこと。後からこの火災のことを知り、彼女も体調の異変に納得していました。化学物質に敏感な方です。
周辺住民や、いつも現場に行く若松消防署の隊員さん方、若松署の警官さん方、体調おかしくなってませんかね?今顕在化しなくても先々で影響が出ないとも限りません。
金属がれき火災がなくても、原発事故以降、若松区の住民の体調異変の情報は多数入ってきています。「若松に行くと毎回頭痛がする」とか「周りで突然死が多い」だとか。

最後に。こういう情報もあります。
【2012年.9月.10月だけで雑品船の船舶火災が4件も発生】←クリック
4件とも船の積荷は金属がれきだったんですと。

by theinnforsparrows | 2013-09-24 16:40 | 廃棄物  

今日のつぶやき 20130917

私、現在の管理人はかつてツイッターをやってましたが、役人やある業界が私のつぶやきを嫌がったのか、アカウントを作っても作ってもすぐ凍結されます。早いときには作って30分で凍結。
なもんで、ブログの中でつぶやきます。140字制限なんてつけない。

2013.09.17
名称に「絆」や「NUKE」がつく組織って・・・。これ、なにかの符牒?

2013.09.17
『あまちゃん』なんて見てやんない。あれを見た視聴者が三陸に観光行って、海産物喰うんだろ?それ狙ってんだろ?三陸の海は、海産物は、安全です、っていう洗脳。薬師丸ひろこ使うな。
『八重の桜』も同じ手だな。
自分はそういう悲しい歪んだ気持ちで岩手や福島の映像を見たくない。

2013.09.17
牧師でNPO法人・北九州ホームレス支援機構理事長の奥田知志氏と、脳科学者の茂木健一郎氏との対談をまとめた「『助けて』と言える国へ」(集英社新書、760円)が出版されたそうな。
いやぁ、裏を知らないって怖いね。自分は買わん。

2013.09.17
放射性物質を含む化学物質や食品のアレルギーが出やすい、いわゆる感受性の高い人。どうも心も感受性が高いようだ。周りの人見てるとそう感じる。

2013.09.17
フクイチ事故のすぐ後から反原発の旗手として名が売れた人って胡散臭いのが多いね~。木村 真三、小出 裕章、飯田 哲也、青木・・・、青山・・・、池田・・・、鎌仲・・・、肥・・・。「福島からあなたへ」の人もなんだか・・・。
反原発避難者のU野 S子は住所ロンダリングやっとる。あっちこっちに引っ越してはそこで反原発活動。元の住所が分からなくなる。がれき反対の声は黙殺してたよね、この奥様。

2013.09.17
がれきのことは絶対書かない【たんぽぽ舎】。共産党系?
頼まれて赤旗日曜版を購読しとったけど、がれきのこと書かない胡散臭さに気付いてやめた。

2013.09.17
木村 真三に除染詐欺をさせるために、官僚をやめさせ「官僚をやめてまでも闘う英雄」に祭り上げ、すぐにイヌエッチケーで特集に出したんでないの?

2013.09.17
私、今年の夏頃から耳たぶや耳の中にカビ生えてます。皮膚カンジダ症と診断された。白くガサガサになる。酷い時には耳汁も絶え間なく出る。塗り薬でむりやり抑えてる。
ところがカビたのは私だけじゃなかった。先月久々に会った知人(男・中年)もいつ頃かは聞き忘れたけど、首の皮膚が白くなりカンジダと診断されたらしい。
また、別の知人(男・中年)も今年の初夏頃から両膝付近がブツブツだらけに。ズボンめくって見せてくれたけどノミに喰われた痕みたいに酷い。だけどこれも病院でカビと診断されたそうな。
フクイチ事故由縁だろうね~。そのうち日本中のおっさんたちがカビるかも。空からカビキラーでも撒いてくれ。
皮膚カンジダ症のウェブ記事をざっと見たけど、耳や首、足にできるなんて記述がない。こりゃ、よほどみんな免疫力が落ちてんだ。


後日談:皮膚カンジダ症にかかった話を知人に伝えたところ、「東海村JCO臨界事故の被害者もカンジダになってましたよね」と教えくれた。

皆さん、「皮膚カンジダ症」でよかったら画像検索してみてください。体のいろんな部位にいろんな出方をすることが分かります。大体赤く腫れてるのが多い。
自分の「耳たぶが真っ白に」というのはレアケースかも。あ、免疫が落ちてるときに脇に汗をかいて放っておくとまさにカンジダっぽく赤く腫れて痒くなるという症状は3.11前からもしばしば起きてました。今もやられてます。まずはこまめに汗を拭く。昔、荒療治でクエン酸を水に溶いて(濃度はテキトーw)腫れた脇に塗ってました。これがチョー沁みるんやけど、治りは早かったです。自己責任でたのんますぜ。

by theinnforsparrows | 2013-09-17 16:05 | つぶやき  

ケムトレイルの画像

ケムトレイルの分かりやすい画像を貼っときます。いずれも管理人が撮影したもの。
ケムトレイルの何たるやに関心のある人は、ネットで検索してみてください。でも現在は日本語のサイトに説明が分かりやすく十分であるものはほとんどないと思う。
まぁ、あちこちのサイトを探してみてください。なんとなくは分かると思います。でもウィキペディアのケムトレイルの記事は参考にならんので無視してね。肯定派と否定派(というかケムを撒いてる側だろう)の編集が拮抗したまま凍結されなんともおかしな内容。
あのページをみるとウィキの記事もあまり真に受けない方がいい、調べものをするんなら、ウィキ以外の情報にもあたるべき。絶対に。
元気だったら、いずれ簡単なケムまとめを記事にします。

ケム画像、左から2013年3月に佐賀県内にて撮影、2010年6月に佐賀県内にて撮影、2010年9月に福岡県内で撮影。いずれの日も気温、出現高度、本数をみると本物の飛行機雲である可能性はほぼゼロ。つまりニセモノの飛行機雲。
b0260454_15245081.jpg
b0260454_15251990.jpg
b0260454_15253316.jpg


by theinnforsparrows | 2013-09-17 15:35 | 気象操作  

貴重な青空

福岡県の今日の空。
ケムトレイル散布が本格化して以降、こういう「日本晴れ」は福岡県では1年に片手に数えるほどもなくなった。
今となってはとても貴重な青さ。下の方がやや濁ってはいるものの視界内に雲がない。ほんっと珍しい。
関東なんかは冬にはこういう綺麗な空もちょくちょく見られるでしょ?でも日本海側では雲のない空なんて、ほとんど望めんのです。こういう状況もかれこれ5,6年b0260454_14311537.jpgか。

by theinnforsparrows | 2013-09-17 14:32 | 気象操作  

北九州市災害廃棄物本焼却開始以降に発生した市民の体調異変データ 3

《説明》
①時期、②住所または勤務地、通学地、③性別・年齢(年代)、④提供された情報

5.①9月17日以降 ②八幡西区 ③女 44歳
④17日に子どもの時以来の黄色い鼻水。17~29日-頭痛(鼻腔、目の周り、額がズキズキ痛む。)23日-普段はマスクをしているがこの日はしなかったところ、鼻の中がヒリつく。膿んだようになっているところもある。23~27日-歯茎の腫れ。17日~29日現在-気管支炎(喉の痛み、咳、痰、声枯れ。)18日-膀胱の痛み。ここ数年安定していた生理が8月以降、不順に。

6.①9月17日以降 ②小倉南区 ③女 小学生とその同級生
④(親からの報告)9月23日-鼻水、咳、微熱。焼却が始まり調子の悪い日が多い。同級生にも同じような症状の子が多い。


7.①9月17日以降 ②小倉南区 ③女 40代
④本焼却開始後からずっと頭痛が止まらない。体の力が抜けていく感じ。眼の奥も鈍痛。口の中も苦い。

8.①9月17日以降 ②八幡西区 ③男 児童
④焼却開始日の9月17日、次男4才がひどい下痢。次男はアレルギー、アトピー、喘息も持っていて、いろんなものにすぐ反応してしまう体質だがこんな急な体調の変化は今までに見たことがない。全身に赤い発疹。19日には幼稚園のバスの中で鼻血を出した。


9.①9月17日以降 ②小倉北区 ③女 40代
④本焼却が始まってから、頭痛と喉の痛みがあり、くしゃみ、鼻水がひどくなり、鼻水は押さえる間もなく流れてしまう状態。高校生の娘も同様の症状。寒くなったので二人共、風邪引いた、くらいに思っていた。9月22日の夜、単身大阪へ出発しました。広島でトイレ休憩があり、気がつくとくしゃみ、鼻水はピタリと止まってました。北九州を離れると止まった、ということは原因はガレキ焼却だと推測されます。

10.①9月17日以降10月28日現在まで ②福岡市東区 ③女 26歳 
④がれき焼却開始後から頭痛、鼻づまり、眼球痛、倦怠感が断続的に続いています。マスクなしでも平気な日と、ないと酷い倦怠感に襲われる時があります。

by theinnforsparrows | 2013-09-09 17:24  

北九州市災害廃棄物本焼却開始以降に発生した市民の体調異変データ 2

《説明》
①時期、②住所または勤務地、通学地、③性別・年齢(年代)、④提供された情報

1.①9月17日 ②八幡西区 ③児童(性別・年齢はノーコメント)
④(親からの報告)黒崎地区。焼却開始の17日、子どものクラスで鼻血2名。発熱で1人早退しました。八幡西区でも、やはり被害が出てます。 

2.①9月17~20日 ②八幡西区 ③女 30歳
④こめかみがズンズンずる感じが続いている。17~19日、歩行も苦しいほど体がだるい。会社を早退するほどの腹痛。2度嘔吐。食欲不振。


3.①9月17~26日 ②八幡西区 ③女 中学2年生
④(親からの報告)焼却開始の週から眠くてたまらないと言っている。以前とは違う強い眠気。他にも授業中に寝ている生徒が多いらしい。

4.①9月17日以降 ②福岡市 ③女 成人(横浜からの避難者)
④本焼却開始の9月17日、朝から自宅の窓の目張りをしていましたが、空気は悪く、喉がイガイガと痛くなりました。
喉の違和感、鈍い頭痛があり、時々怠さ、立っていられないほどの目眩や刺し込むような心臓の痛みがあり、これは横浜にいた時と同じ症状だと思っていたところ、9月22日朝、ますますひどくなり、夫と救急車を呼ぶべきか迷うほどでしたが近所の病院にかかり、循環器内科の受診を勧められ24日に受診しました。心臓の痛みと怠さが抜けないことを言いました。
しかし、血液検査も心電図も異常とは言えず、医師も不思議そうでした。強いて挙げれば、ごく軽い貧血とのことでした。
また、試験焼却の日、引越しだったので戸を開け、作業をし、夕方から私は一人で車で買い物などで外出しました。夫と当時2歳の娘は福岡市のマンションで待機していました。3人とも喉の痛みがあり、娘は咳と鼻水が止まらず小児科にかかり、気管支炎と診断されました。私自身も今まで感じたことのない喉の痛みと、呼吸がやっとというほど喉が腫れ、激しい咳が出続けました。私は医者にはかからず、丸一ヶ月咳が続きました。夫は試験焼却2日目に東京にの仕事に戻ったので詳細は不明です。いちばんひどい症状が出た私は、マスクをせず、外にいたことが関係していると思っています。
夫はマンションのホルムアルデヒドなどではないかと申しておりましたが、引越し前日にも掃除をしに部屋にいましたが変化はなく、外にいた私が特にひどいという点で、がれきが原因であろうと思っています。
これは、おはなし会の健康被害の調査でもまとめて頂きました。

by theinnforsparrows | 2013-09-09 17:10  

北九州市災害廃棄物本焼却開始以降に発生した市民の体調異変データ

北九州市の市民団体「北九の子供を守るネットワーク」が【2012年9月17日北九州市災害廃棄物本焼却開始以降に発生した市民の体調異変(2013年7月4日現在)】というデータを作成しました。私も作成に加わりました。複数のブログに既に紹介されていますが、このデータから「市民から寄せられた声」の一部を何度かに分けて紹介していきます。「北九の子供を守るネットワークのブログ」7月12日記事からこのデータに関するコメントを転載します。
(転載開始)
この資料は、北九州市が宮城県石巻ブロックの震災廃棄物本焼却を開始した2012年9月17日以降に発生した北九州市民及び近隣自治体住民の体調の異変を一覧にしたものです。
 「北九の子供を守るネットワーク」のメンバーとそのご家族や周囲の方々の体調異変、また当ブログ及び「がれき問題を考える会・福岡」様等に市民から寄せられた情報を元に作成しました。ご協力をいただきました皆様、まことに有難うございます。この資料については、7月11日に代表者が市内で開業されている北川喜久雄医師とともに北九州市役所内で記者会見を開き、同市環境局に提出して参りました。
放射性物質と大量の農薬が付着した廃棄物を燃やすと、周辺住民の身体にどういう異変が起こるのか、ぜひお目を通していただきたく思います。ありとあらゆる異変が発生します。
もちろん、がれき焼却と体調の異変との間に因果関係を証明することは困難です。また焼却とは関係のない症例も混じっていることでしょう。しかし続々と集まってくる情報を見ていると、多くの地域住民にそれまで経験したことのない様々な症状が現れ、体調不良を訴える人々が増加したことはまず間違いなく、がれき焼却が原因である可能性は非常に高いとしか考えざるを得ません。
また、北九州市の清掃工場でのがれき焼却だけが原因ではなく、原発事故以降、福島から九州に幾度となく放射能プルームが届いたこと、東日本から汚染食品や汚染肥料が九州にも流れ込んだこと、震災直後から密かに北九州市の民間企業が汚染がれき、下水汚泥、焼却灰、燃え殻などを受け入れ焼却し、製品加工の材料に使用してきたこと、これらの複合要因による内部被曝、化学物質曝露の結果であろうと推測しています。それでもやはり石巻がれき焼却自体のインパクト、影響度は際立っていたと感じます。
鼻血、喉の痛み、頭痛など比較的経度の症状から始まり、段々と肺炎、全身紫斑、、突然死など深刻な状態が増えてきていることもこの資料からみてとれます。骨折の多発、交通事故の多発、救急搬送の多発についても着目し記録しています。
おそらくいまだ北九州市の民間企業は、汚染の酷い東日本の廃棄物を受入れ続けていることでしょう。東日本では延々と放射能汚染廃棄物が生活の中で生まれ続け、各自治体はその処理に頭を抱えているのです。このためこれら汚染物をセメント、肥料などの材料とすることを国自身が進めています。また福岡県苅田町の三菱マテリアルでは、震災がれき焼却よりもさらに問題の深刻な香川県豊島の重汚染土を今年の3月からセメントの材料として受入れ、焼却しています。
このような現状から、今後もさらに地域住民の体調は悪化の道をたどる可能性が高いと考えています。私達は引き続き住民の体調異変に関する情報収集と分析、発表を行っていくつもりです。
(転載終了)

では、次の記事から当データの市民から寄せられた情報を転載していきます。一部をピックアップして紹介してもかなり長くなるけど「記録」として記します。

by theinnforsparrows | 2013-09-09 17:08  

鳩が死んどったり鳥の異変いろいろ

先月の盆過ぎ頃でしたか、博多の街中の路上で鳩がパタリと落ちて死んでました。
飛んでる途中か、留っていた電線から突然落ちてきたかのように。
今月の頭にも、北九州市内でおんなじように突然死みたいな鳩の遺骸を路上で見ました。
フクイチ事故が起きた年とその翌年、鳥の突然死みたいな話や野鳥が全国で激減したなんて話がありました。
野鳥の激減は新聞でも多数報道されたので間違いないです。
そして今日、中間市の路上で今度はトンビかなんか小型の猛禽類らしき野鳥が死んでました。

素人考えなんやけど、普通野鳥は体が弱ってきたら、人の目に付かぬ草むらとかに入り込んでひっそりとその生を終えるのでは?
それが人間の心臓麻痺みたいに、パタッと死んでるのを見ることが続いてます。

熊本の小野できた医師が昨年、「731部隊の人体実験によると、ハトと人間の毒ガスに対する耐性は同じくらい。道ばたにハトが死んでいたら、次は自分の番」とツイートされていました。
「次は自分の番」というか、福岡県内でも突然死、若死にの話を聞くことはもはや珍しくはない。人間の状況と鳩の状況が同時進行しとる。
病気の進行が異常に早い話も原発事故の年から耳に入ってきてました。

数日前、北九州市内で巣立ちに失敗したかのようなヒヨドリの子ども(添付しとる写真みたいな子)が職場の近くにパタッと落ちていました。羽根の関節部分に怪我でもしてるのか、血が滲んでました。鳥好きな同僚が器用にさっと捕まえて何度か木の枝に留らせようとしましたが、すぐに耐え切れず落っこちました。ちゃんとキャッチしてあげましたけどね。このまま飛べない、留まれないでは生きていくことができない。
結局同僚もどうしてあげることもできず、土の上に置いてきました。その間親鳥が口を大きく開けて鳴き続け、我々を威嚇してたのが物悲しかったですわ。
数時間後、様子を見にいきましたが、既にヒヨの子はいませんでした。どうなったんやろ?

まぁ、こんな感じでここんとこ福岡で野鳥の異変が多いというお話でした。

これを読んで「あぁそおなの?たまたまじゃない?」と思う人と、そこから何か考える人とで「枝分かれ」していくな、と勝手に思うてますわ。

b0260454_1456344.jpg

by theinnforsparrows | 2013-09-09 14:56 | 動植物  

再開します

元管理人の事情により長らく更新していませんでしたが、このたび管理を引き継ぎ再開することにしました。
女性管理人から私、男性に代わりますし、大雑把な性格の言葉使いの悪いおじさんです。
ブログですが、ツイッター代わり、備忘録代わりみたいな感じで書くことも多いと思います。

九州でもフクイチ事故に起因すると思われる健康被害や、環境への影響が出ていることを記録していくこと、放射能を含む化学物質への健康対策を積み重ねていくことが私のこのブログの目的です。

コメントは有意なもののみアップします。忙しいので返事は期待しないでください。揚げ足取りの苦情や攻撃は一切無視します。

福岡県在住です。よろしくお願いします。

by theinnforsparrows | 2013-09-09 14:03 | お知らせ