<   2013年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

もう1つの北九州市試験焼却『健康被害資料』 2

1つ前の健康被害レポートの続きです。

☆健康被害の疑いがある事例に接しての感想(住民有志の意見のまとめ)☆

1.震災廃棄物は一般廃棄物扱いされているが、現実には津波で破壊された建築物や機器のがれきが大部分であり、産業廃棄物と同じである。それを北九州市の家庭や事業所から排出される一般廃棄物を扱う清掃工場で焼却すること自体、問題があるのではないか。化学物質を大量に含んだ木質の廃棄物に対応できるのか。

2 .北九州市は焼却施設のバグフィルターで放射性物質の「99.9パーセントを捕集できる。」としているが、静岡県島田市、東京都大田区、福島県福島市の清掃工場では放射性物質がバグフィルターをすり抜けた可能性があることが報告されている。特に島田市では20~40%が放出された可能性があると市民団体が算出し(他の複数の市民も算出)、2月の大阪市議会で「東京都大田区の工場では約36%が行先不明になっていることが推定される、(中略)排ガスについては、約11%が煙突から排出されている可能性が否定できない。」との質疑が出ている。

たとえガス化している放射性物質を焼却炉内で冷却してもすべてを固体に戻せないのではないか。それが静岡、東京、福島において漏出した疑いがあるという結果を導いたのではないだろうか。 「焼却炉の形式がどうであろうとバグフィルターを使うことには代わりはない…。」とする市の複数の環境局担当者の本音も、市民からの問い合わせの中で聞かれているとのこと。

環境省が発表しているバグフィルターによる多くの「不検出・安全」データにおいても、その計測方法について環境ジャーナリストの青木 泰氏は著書の中で疑問を呈している。また、バグフィルターの主要メーカーも市民による聞き取り調査でも放射性物質に対する効果を検査しているメーカー、安全を保証できるメーカーは存在しないことが判明している。環境省以外に関係者でフィルターの安全性をうたう者はいないようである。
バグフィルターは放射性物質どころか、通常の焼却における煤塵でさえ捕集できず大気中に漏出させている事例は、前出の青木 泰氏が紹介している横浜市の栄清掃工場や、東京都日の出町のエコセメント工場の事例でも明らかである。

3. 北九州市は本当に不検出のがれきを持ってきているのか。試験焼却開始後、すぐに大人や学生が鼻血を出した事例が複数見られることから、放射性物質が付着していた可能性と、少量であっても放射性物質が大気中に放出された可能性があると考える。
がれきには、検査されていない放射性物質が付着している可能性が指摘されている。また津波により破壊さ
れた事業所、機械機器から漏出したPCB、ヒ素、六価クロムなどの有害物質や重金属が付着していることも確認されている。海底にあったヘドロも有害物質の付着が確認されている。ごく微量でも、摂取すれば危険な化学物質も存在する。これらが試験焼却で大気中に放出されたことにより、体調に異変が出た可能性があるのではないか。

4. 石巻市のがれきの汚染値の推定の参考になる資料として、昨年8月から12月にかけて行われた放射能防御プロジェクトによる宮城県37箇所の土壌調査結果がある。平均値はセシウム合算平均でおよそ921Bq/kgと高濃度汚染。

この報告資料から石巻市のデータを抜粋する。 (放射能防御プロジェクト 木下 黄太ブログ 2011年12月28日記事から)

場所/採取時期/採取地/Cs134(Bq/kg)/Cs137(Bq/kg)/ Cs合算(Bq/kg)/ 換算(Bq/㎡)
石巻市/8月下旬/庭/440/ 560/ 1000/ 65000
石巻市/8月下旬/庭240/ 310/ 550/ 35750
石巻市(中心部・高台)/ 庭/290/ 390 /680 /44200

宮城県が発表した「災害廃棄物放射能濃度測定調査業務 報告書 平成 24 年 1月」によると、石巻市の災
害廃棄物1kgあたりに含まれる放射性セシウム134と137の平均値は116Bq/kg 。可燃物に限ると101Bq/kgとなっている。 このうち「木質の廃棄物」の汚染度は100Bq/kg を下回るが、その一方で「5mm 未満細塵」の濃度が非常に高く、北九州市が受入れる木質廃棄物からこの細塵を分離できているのか、疑問である。分離は避けられないのではないかという意見もみられる。

北九州市は石巻市の放射性物質不検出のがれきを持ってきたところで、試験焼却の意味をなさないというこ
とをどう考えているのか。この汚染状況にある石巻市で、どのような方法で不検出のがれきを採取したのか。なぜ、せめて平均値に近い100ベクレルに近い汚染のがれきを採用しなかったのか?今後放射性物質が多かれ少なかれ付着しているがれきを受け入れるのであるから、「汚染されているがれきの試験焼却」をやらなければ意味がない。このサンプルを選んだ意図を北九州市に問いただすべきである。

現段階でも福島第一原発からは1時間当たり数千万Bqの放射性物質が放出されている。その一部が被災地に置かれているがれきにも降り注ぎ、付着していないと誰がいえようか。セシウムは付着した物質と分子結合する。このため水洗いなどの除染は限定的な効果しかない。また水洗いにより汚染が水に移行する結果となり、これではなんのための被災地支援か分からない。がれきの除染よりも、水の安全性を守ることの方がずっと大事な話である。
また、放射能防御プロジェクトが検出した土壌の汚染度と、宮城県が発表した災害廃棄物の汚染度に大きな
開きが見られることも疑問に残る。

5. 80トンの廃棄物の試験焼却のみで災害廃棄物の焼却が止まれば、上記に挙げた住民の健康異変は限定的にとどまるかもしれない。しかし今後数年間にわたり年間4万トンも焼却処理をすれば、化学物質や放射性物質の放出が継続され、市民と近隣住民の体内への取り込みが続き、大被害に繋がる恐れを感じている。北九州市は至急全市民と近隣自治体住民に対して、健康被害が出ていないか調査をするべきであり、もし因果関係が認められる事例があれば、受入れを即刻断念し、被害者に対し損害賠償を行うべきではないのか。重篤な被害は内部被爆の数年後、数十年後に発生することが分かっている。そのときになって北九州市役所は、被害に対していったいどう対応するのか。放射性物質が体内に沈着して発症すれば今の医学では対応ができない。本来、責任のとりようなどない話である。だからこそ未然に被爆を防ぐ必要があるのである。

6. 原発内で発生した廃棄物は、たとえ放射性セシウムが100Bq以下の低レベル汚染のものであってもドラム缶に入れて厳重に管理し、搬出後もコンクリートや土で外に漏れ出さないようにしている。このことは朝日新聞が柏崎刈羽原発を取材して報道している。この管理方法については北九州市内在住の原発関連企業の方にも聞きとりして、全国の原発でもおおむね同様の処置がとられているということが確認できている。 しかし北九州市は、100Bq以下は一般廃棄物扱いと杓子定規に解釈して、市街地で仮に低レベルであっても放射能汚染物質を焼却しようとしている。たとえ100Bq以下であっても安全とはいえないからこそ、全国の電力会社でも焼却処理を行わず、厳格な管理を行っているのではないか。

7. 6月4日の北九州市議会・環境建設委員会で、震災がれき試験焼却の各種測定結果が報告され、震災がれきの放射能濃度のうち、約4万6,000Bqがどこへ行ったのか把握出来ていないことが判明した。これに対し市側は「どこに行ったのかは差し控えさせていただきたい」と答弁した。

環境省は「入口の災害廃棄物の放射能量と出口の焼却灰等の放射能量の差分をもって大気中に放出された放射性セシウム量を推計するためには、各放射能濃度や実処理量、実処理時間を正確に把握することが必要であるが安全性を確認する為の通常のモニタリングではこうした情報を正確に把握することが困難」としている。
「差し控えたい」で済む問題なのか。「情報を正確に把握することが困難」で済む問題なのか。環境中に放出された可能性があるのでコメントできないのではないか? 言語道断である。

原爆投下による健康被害の調査資料を米国がすべて自国に持ち去り、「米国の軍事機密」だとして内部被爆など原爆の生物への影響について日本人が調査、研究、発表を一切禁止したことが、長年広島で被爆者の治療を行ってきた肥田 舜太郎医師の証言で明らかになっている。

さらに米国が「低線量被爆は体に影響がない」と全世界に放送させたことも判明している。日本政府はいまだにこの米国の隠ぺいと嘘に加担し続けている。このような真実が明らかにされない状況下では、政治や行政が被爆から国民を守ってくれることなど期待できない。だから汚染されたがれきを焼却するなどという暴挙に出るのである。ただ大部分の自治体が受入れを拒否したのは、住民を守ろうとする当然の対応であり、せめてもの幸いである。なぜこれが北九州市など一部の自治体にはできないのか。住民を守ろうとできないのか。

参考:チェルノブイリ症候群
(特定非営利活動法人チェルノブイリへのかけはしの公式サイト&ブログより)

A:身体症状→環境中に放射性物質が拡散したことによる、外部・内部被ばくの主な症状→放射能のせいかどうか白黒つけられない!

全体的な抵抗力の低下により、様々な症状が起こってくる。個人の弱いところ、「持病が悪化」する。血液検査で対して異常がでてこないことが多い。市販の対処療法的な薬が聞かない。放射線量の高い低いに関係性が見いだせない。

1)頭:頭痛、めまい、ぼうっとする、考えがまとまらない、ハイになる、うつになる、計算ができなくなる、多動様、二世においては少し知性に異常がでる、ノイローゼ、てんかん。
2)粘膜:目、鼻、口、喉、声帯、性器関連の炎症が繰り返される。
目は子供にも白内障がのちのち増える、声帯が痛んで声がでなくなる。くりかえしおよび多発する口内炎。鼻:線量の高い低いにかかわらず、子供大人にかかわらず出る鼻血、あるいは異常な色の鼻水。歯茎からの出血。虫歯の悪化。
3)肺:咳、色のついたタンが止まらない。カラ咳。風邪と違う。あるいは繰り返す風邪。風邪が治らず気管支炎、肺炎と繰り返して入退院するようになる。喘息になる。子供は特に肺炎にかかりやすくなる。
4)胃腸:下痢あるいは軟便が長期にわたり続く。胃の上部がしまった感じで食べ物が入って行かない、食欲が無い、吐き気、嘔吐、揚げ物がむかつく、量が食べられなくなる。胃がいたくなる。
5)疲労感:突然襲ってくる、身体がだるいことが続く、眠くて仕方がない、立ってられない、子供の場合はゴロゴロしている。今まで感じたことのないだるさ。→原爆ぶらぶら病にとてもよく似ている。
6)脱毛:徐々に抜ける場合もある。
7)腎臓:夜中に腰の上あたり、腎臓のあたりが激痛が走るようになる。押すと少し楽になるが、ときどき起こる。腎臓炎、膀胱炎など。おねしょ。
8)耳:中耳炎を繰り返すようになる。
9)皮膚:アレルギー症状の悪化、手の皮が向ける、傷が治りにくい、ヘルペス。皮膚が弱くなる。
10)心臓:大人も子供も心臓が痛くなる、病院に行って心電図をとってもらうが異常がでない。夜中に踏まれたように胸が痛くなる。血圧異常が大人にも子供にも起こる。息が切れるようになる。パタンと倒れる。老若にかかわらず突然死。
11)関節痛、あるいは骨の痛み、骨の異常。
12)生理不順、出血異常。女性器に関するトラブル。乳がんなどの増加。
13)甲状腺の異常、腫れ。
14)リンパ節の腫れ、特に首や脇の下。
15)その他:発熱など、神経反応の異常、ホルモンの異常、内分びつの異常。
16)出産の異常、分娩の異常、出生率と死亡率の逆転(汚染地域)

B:医師の所見および社会的見解の主な特徴→個人で解決するように導かれる

事故前は、微量の放射能であっても、危険であるというのが、一般常識だったが、 環境中に大量に放射能が放出され、食べ物や水、空気にも放射能が含まれてしまうと、医師の見解は急に、精神論を強調するようになる。
放射能は直接、『遺伝子を傷つける』ものであるが、「放射能に対する恐怖心が病気の原因です」と、個人の責任に転嫁する。あるいは「それは放射能のせいではない」「因果関係がつけられない」と、責任ある発言を避けるようになる。
個人の血液や全身の放射能値を測定してもデータを本人に開示しないで、秘密にする。それでいて追跡調査
の対象にされる。
社会的に、黄色信号、赤信号が点滅中。誰も補償してもらえないで、検査だけされていく。
実際に「放射能のあるものを食べて、病気にならなかったというデータを見せて下さい」と言っていみると、「チェルノブイリでは癌や白血病は増えていない」(by IAEA)のデータが公的なものになる。病気が癌や白血病でしか語られなくなっていく。その他の症状は抹殺される。医師が自由に発言できなくなる。外国の医師や研究者、援助に頼るようになる。

C:エネルギー危機を叫んで、原発の推進→事故の収束宣言(内外に対して)

D:汚染地から逃げたいのに逃げられない→国家の棄民政策。 さらに汚染食品を食べることを黙認される。

これらが、原発大規模事故症候群としてまとめてみました。身体的にも、医学的にも、政治的にも、社会的にも、誰にも頼れない、解決不能な状態が起こる。因果関係の立証が困難であること。これはすべてチェルノブイリで起こったこと。(ここまで。)

北九州市役所連絡先
環境局循環社会推進部 循環社会推進課
TEL (093)582-2187 FAX(093)582-2196
保健福祉局総合保健福祉センター 保健所医務薬務課
TEL (093)522-8726 FAX(093)522-8774
教育委員会学務部 学校保健課
TEL (093)582-2381 FAX(093)581-5920
秘書室
TEL (093)582-2127 FAX(093)562-0710
文責:子を持つ某北九州市民

by theinnforsparrows | 2013-01-14 17:05  

もう1つの北九州市試験焼却『健康被害資料』 1

事情により、昨日から立て続けに記事をアップさせていただいています。
以下の健康被害レポートは試験焼却直後に市民から寄せられたもので、数も少ないのですがご紹介させていただきます。小野 俊一先生のブログなど一部のサイトで紹介されましたが、北九州市役所や環境省への提出はなされぬまま、ほぼお蔵入りとなっていたものですが、ここに改めてご紹介致します。
このレポートへの情報提供してくださった方の大部分は、がれき受入れ反対派の市民でして、試験焼却中に様子見などで清掃工場近づく行動が多かったため、被害も大きかったと推測されます。
なお、このブログのはじめの方にアップしている健康被害レポートと一部重複しています。

北九州市 石巻市震災廃棄物試験焼却後に発生した健康被害の疑いのある事例

-北九州市民及び近隣自治体住民の報告から-
2012年6月4日現在判明分の事例

北九州市西部在住 Aさんから
日明(試験焼却を行った清掃工場を指す)から帰った後、2日間ほど、背骨から肋骨にかけて、今まで体験したことのないような妙な痛みと違和感がありました。背骨一本丸ごと、腫れてうずくような、独特の感覚です。今はありません。たった一時間程しかいなかったのに、です。
19歳の息子が、私の旅行中(29日~6月3日)風邪をひき、41度もの熱が出て、とても大変だったらしいのです。
息子は市西部の大学のテニス部に所属しています。試験焼却の3日間は大事を取って休ませましたが、28日(月)からは練習でコートに出ました。 近くの内科にかかったようですが、今は熱も下がったようです。喉はまだガラガラです。本人はいつもはいたって健康で、こんなに高い熱を出すのは、幼稚園の時のおたふく風邪以来です。何か、思い当たるような原因はある?と本人に聞きましたが、いや、何も・・・。 ということ。
今は大学は試験期間中でもなく、スケジュールもとてものんびりしているので、勉強で根を詰めて、ということもありません。 試験焼却が原因かどうかはわかりません。 また、同時に嘔吐と下痢があったそうです。階段を下りるのがやっとで、病院までとても行けるような状況ではなかったらしく、行けるようになった頃には、ある程度治っていた。内科では、何の病気か判らない、と言われたそうです。

北九州市西部在住 Bさんから
私も日明に行ってから、ずっと喉の痛みと頭痛、顔面痛、目の痛みに悩まされています。今は少し楽になりました。25日からは、顔とお腹に吹き出物ができ、白目に赤い斑点が出ました。赤いのは徐々に薄くなってきました。
私は生まれてからずっと北九州市にいますが、黄砂で具合が悪くなったことは一度もありません。それに、雨が降る前のとはまた違ったあの暗い空も、今まで一度も見たことがありません。空気が違います。外に出るだけで、窓を開けるだけで具合が悪くなるなんて、通常考えられないと思います。

北九州市西部在住 Cさんから
22日 - 夕方から右目が焼けたように痛く、右目の黒眼のすぐ横に紅い斑点が出来首がとにかく腫れあがっ
た感じ
がして(鏡で見ても腫れてはいない) 痛く、生まれて初めての感覚でした。(翌朝、右目の斑点はなくなっていました)
23日 - お腹が痛くないのに、起床とともにお腹を下しました。朝から小倉に1時間半滞在。10時過ぎに市役所1階ロビーへ13時には小学生の子どもを連れ、また市役所へ(学校を早退させた為)子どもと二人市役所ロビーにいると、二人とも発熱。子どもが身体のだるさを訴えたので、帰宅しました。
戸畑バイパスの鞘ヶ谷付近から、子どもは回復し始めました。下関市彦島に住む妹は、黄緑色の粘っこい鼻水と痰が出始めたとのことです。(27日現在も継続中)(妹は今年の初めと、5月の始めに血液検査で甲状腺の値がギリギリで橋本病の一歩手前な感じです)
24日 - この日も朝から、お腹を下しました。(腹痛は無し)新門司へ(試験焼却を行った清掃工場を指す) 喉の痛みと昨日からの微熱が続く。 子どもの体調不良は無いです。
25日 - この日も朝から、お腹を下しました。(腹痛は無し)新門司へは行っていません。微熱があり、一日中身体がだるい
26日 - この日も朝から、お腹を下しました。(腹痛は無し)微熱があり、身体がだるいが所用を済ませることが出来ました。
27日 - 今日も朝から、お腹を下しています。(腹痛は無し)微熱が出たり、出なかったりです。今日は子どもの運動会でした。
私のまわりでは、大人も子供も体調が優れない人が多いです。 (鼻血など)今年から健康手帳をつけています。今日(5月28日)下関市彦島に住む妹から電話がありました。
息子小6 一昨日から黄緑色の鼻水と痰が出て、咳も出ている。 (喘息があるので、毎日吸入をして咳を抑えていますが) 小3の男の子も 3日位前から上記の症状が出ていると…。

北九州市西部在住 Dさんから
集まった情報の中で、確実に信頼の置ける人から寄せられたケースだけを公開する。
・日明清掃工場と同じ町内、小倉北区西港町で働く男性が24日に鼻血。その子どもさんのクラスメイトも同日鼻血。
・小倉北区在住の女子中学生(板櫃中)が、26日に小倉南区で開催されたスポーツ大会にて、試合中に鼻血が止まらなくなり試合を棄権。その中学生の校区は清掃工場から6km圏内に入る。
・小倉南区・八幡西区の女性各1名が、23、24日から急に顔に吹き出物
・市内の広範囲で咳がしばらく止まらない(1~2分くらい)、喉が痛いというケースがかなりの数発生している模様。
・シックハウス症状に似た局所的な頭痛を訴える声も数名。私自身(Dさん)も24日~27日の間、頭痛が治らない。耳の後ろに激痛も。試験焼却中、西港町で車から降りただけで、経験のない、腕の骨がきしむような痛み。数日後にも西港町に1時間程度滞在しただけで、同じ腕の痛みが7時間は続いた。それ以降頭痛が起きやすい。
・熊本県在住の方が5月21日から25日くらいまで所用で小倉北区内に滞在。口内炎のような腫れ物がいくつもできた。まだ(6月4日現在)治っていない。
・市内東部から西部にかけて唇がひどく荒れる、また唇に腫れ物ができたという症例が複数存在する。
・試験焼却が開始された23日以降は目立った黄砂の降下は私(Dさん)自身はなかったと考えている。いつも自動車に付着する物質を確認している。確かに黄砂は良くない。しかし自分や他の市民のこれだけの体調の異変が黄砂を原因とするならば、かなりの量が市内に降下しているはずである。

北九州市西部在住 Fさんから
八幡西区で、試験焼却後3日以内に自分の知っている範囲で、3名の高齢者が亡くなりました。また健康な方が、急に何らかの目の異常がでて、眼科を受診しています。
戸畑区内に勤務されている若松区在住の方が腰痛発症。また、股関節痛が急に出た人もいました。原爆被害者の資料によると、被爆による症状の顕在化の中では腰痛が最多になってました。
(http://genjitsu.jp/archives/238)
5月31日以降今日(6月3日)まで、私も含め両親と子どもがケホケホ咳込んでいます。父が言うには、巷で百日咳が流行っているといわれたとか。百日咳とか、何年も聞いたことないです。うちの父が風邪をひくのはかなり珍しいので気になってます。周囲でも変な咳をする人が最近多いです。焼却後の次の週は市内の小児科の知り合いに聞いたら、感染性胃腸炎が流行っていたそうです。

北九州市西部在住 Gさんから
23日、日明清掃工場の前に午後3時から5時半までいました。途中で具合が悪くなり帰宅。後頭部を鈍器で打ったような痛さでした。翌日も痛みがとれませんでした。(こういうことは初めてのことです。)また、わたしは頭痛持ちではありません。
そして、お腹の下の部分がジンジン痛くてたまりませんでした。息子も、同じ部分が痛いといっていました。
さらに目が真っ赤になり、開けていられないくらいでした。

北九州市西部在住 Hさんから
私も、日明に行って以来、声が出なくなりました。元の様に喋れるようになると良いのですが…。毎日嗽をしたりしていますが、何か 変なんです。

福岡県内在住 Iさんから
(*試験焼却前にもかかわらず、遠方から小倉を連日訪れて体調に異変が出ているとのこと。)
20日の夜に数時間と、21日に終日小倉にいた。
下瞼(目のふち)の腫れ(21日に気付く、22日には治まった。)、21日からは吸い込んだ塵が喉に貼りついて、空咳を何度しても取れない違和感(特に最初の5日間が顕著、その後少し回復するがいまだに塵の残留感あり。)、小倉から帰って来てから何日からか不確かですが、毎日顔ヒリヒリ、頭部発熱が一週間続き、土曜日1日のみ、猛烈なだるさと、腎臓の付近のうずき(腰の両側)。今は時々、平常時に足の付け根や腹部の小さい範囲に突発的で高温の発熱(熱い物が当たったかと錯覚するが何もなし)があります。今日(6月3日)は顔がヒリヒリ、口内の膨張感。

福岡県内在住 Jさんから
娘からの報告です。小倉駅のアミュプラザで働く店員さんのブログ(デコログ)に、「23日から体調が悪くなって、休んでる。同じテナントの中にも、なんだか体調悪い人が急に増えた。」という書き込みを見付けたそうです。

愛媛県在住 Kさんから
北九州市の新門司清掃工場(試験焼却を行った)の近くに住む友人から聞いた話では、「何か喉が変。風邪かな。調子悪い。」等と言うマスクをしている人に複数出会ったとのこと。
専門的なことは、分かりませんが私は春・夏・秋の花粉アレルギーで気管が炎症をおこしやすく、疲れも重なり3年前初めて喘息発作がおこりました。それでホコリよけも含めて年中マスクしてます。確かに黄砂の季節は咳、微熱、だるさ,鼻詰まりがあります。昨年は症状が特にひどくステロイド出してもらいました。しかしながら自分の経験からですが、黄砂で胸痛や高熱、止まらない下痢、止まらない鼻血になることは無いです。避難者の方々の方がより詳しいでしょう。土地や大気は何処に風が吹いて,雪や雨がいつ降ったかにより、全地が同じではなく汚染がむしろまだらになるのではないでしょうか。

北九州市戸畑区在住 Lさんから
24日/ 朝から喉の凄い違和感で目が覚める(喉がピリピリする)同時に頭痛が始まる。昼過ぎから、耳の下.
首から肩にかけてと脇の下のリンパが腫れて痛み出す。身体全体が圧迫され詰まる様な、今まで感じたことのない感覚。首周りのリンパの腫れは、夜になると更にパンパンになり悪化。首が動かせない。目も痛い(かゆい)、北九州で40年近く生活してきて、花粉症経験なし黄砂や光化学オキシダントでも目のかゆみなどの症状は一度も出たことがないので焼却による影響だと思う。家族や周辺に咳をしている人多数。
25日/ リンパの腫れと痛み治まらず、仕事に出れず一日寝込む。
26日/ 明け方から水道水に違和感。口に入れたらピリピリする。これも今まで生活してきて感じた事のない感覚。 (25日の雨のせいで舞っている物質が降下し、水道水に影響が出たのかなと)
リンパの腫れと痛み治まらずこの日から微熱も出る、体調崩す。仕事出れず。 家族の一人が顔全体にアレルギーのような湿疹が出る。
27日/ リンパの腫れと痛み、微熱が続く。この日、目と喉の痛みがまた復活。
28日/ リンパの腫れと痛み、微熱が続く。24日からずっと体調が悪いのでかなりしんどい。
29日/ 焼却後、初めて掃除機をかけると、また強烈な目のかゆみが復活。かゆみが酷くて目が開かず、充血も。この日から顔にもかゆみ、湿疹が出だす。 リンパの腫れ治らず。
30.31日/ リンパの腫れ・痛み治らず。目のかゆみ・顔のかゆみと湿疹治らず。長引く体調不良で寝込む。
1日/ 余りにも目がかゆいので眼科へ。アレルギー検査。花粉・ハウスダスト・犬猫などすべて陰性。何らかの物質にアレルギーを起しているのでは?との原因不明との診断。その後今日現在まで、上半身のリンパの腫れ(微熱、出たり下がったり)が続く。

とにかく試験焼却後から、上記の症状が深刻で、体調不良でかなり参っています。あれ以降寝込む日が続き、とにかくリンパの腫れがずっと治らずしんどいです。たった3日でこの状況なら、もし本焼却が決定してしまえば毎日毎日この状況が続く訳で元々身体の強くない私は、まともに生活が送れるとは思えず、でも北九州から逃げ出す訳にも行かず、かと言ってたった一人の市民の健康被害に、市が何らかの責任を取ってくれる訳もないですし本当に毎日恐怖だし怯えています。受け入れが決まってしまえば泣き寝入りの毎日になるでしょう。
(自律神経が不安定で、免疫力も弱いので、身体の変化に敏感な過敏体質です。)焼却後、まさかここまで強い症状が出るとは考えておらず余りの変化に怖くなり、メモをとって体調変化を記録していました。この健康被害に怯えている状況をどうにかして市に伝えたいと思っていましたので、どうか是非市民の声として使って頂ければと思います。(あまりに体調不良が酷いので、市には一応電話で報告してみました。)

私自身が実際に受けている症状で、間違いありませんので全文どのような形で使って頂いても結構です。あと別件ですが、焼却中の雨の後から庭の植物にも急激な変化があり(本当に怖くなるような・・・)とりあえず写真に収めて簡単に報告できる形にしようかと思います。どれだけ強い化学物質(放射性物質か判断はできませんが)が降下したのかがわかる事実だと思いますので。

(続く。)

by theinnforsparrows | 2013-01-14 16:57  

易骨折 その3 西日本の方々の声&大阪の方へのお願い

前の記事に続いて小野先生の「増え続ける易骨折」のツイート集にあった中から、西日本にお住まいの方々からのものをピックアップしてご紹介致します。

西日本分

京都ですけど多いですよ!今年に入ってから、同じフロアだけでも、数人が立て続けに骨折や靭帯損傷、 周りの呑気な人らでもお祓いせんとアカンのちゃう?と違うベクトルの危機感を持ってます。 2009the6 2012-09-30
 
先程、1時間程、外出した間にも40代程の女性一名、男性一名の杖をついた方をそれぞれ見かけました。福岡市内です。 asian_blue_moon 2012-09-30

同じく福岡です。職場で自転車通勤の30代男性が20日から体調を壊して欠勤していたのですが、体調が戻 らず退職、体調を壊す前に軽くぶつけた程度で腕を骨折していました。40代 男性も疲労骨折が回復せずに退職。デスクワークです。 MikaUsami 2012-09-30

昨日帰宅途中に四十代女性、 腕にギブスを見た。@大阪 suanboon 2012-10-02

偶然かもしれませんが、うちの子供達小1、中2、高1のお友達などで骨折などの異常一人ずついました。姫路の事故の後、小1が二日連続鼻血、私は腰痛が出てます。それと、北九州の焼却の少し前から私と中2の喉の調子がおかしいまま治りません。 yuuka_hosi 2012-10-02

福岡市60代女性、運動サークルにて準備運動中に肩を骨折、入院になりました。何でも気にせず食べていた人だとか。 shiroganedori 2012-10-03

兵庫県です。知り合いの子供さんが剥離骨折してますが、縄跳びで骨折なんてするもんなんでしょうか…miebonko 2012-10-11

息子の中学でも中1は情報がないのですが、中2が5名、中3が3名骨折してます。主に足。松葉杖。腕の子もちらほら。奈良県です。骨折流行中とか笑ってる場合ではなさそうですね。
koukimadoka 2012-10-17

名古屋ですが、子供が3人と も時期は違いますが手首を骨折。三男はまだ1才でした。まさか…とは思いますが…。産地は気にしているつもりなんですけど… yuking_mura 2012-10-18

小野先生には以前ツイしましたが、昨年 の秋、運動会の組み立て体操の練習で、同時間に二名、足の指を骨折。今年春、両手骨折の女児がいました。多分、統計取ればすごいと思います。最近は大人のギブス姿を良くみます@阪 suanboon 2012-11-29


すずめです。西日本でも起きていますね。
まもなく震災がれきの焼却が開始される予定の大阪市の皆様(というより大阪府や隣県の皆様)へお願いがございます。また北陸や静岡などの方々にも今後の状況次第では気を付けていただきたいことです。
先の記事にも書きましたが、北九州市ではがれき焼却開始直後にギブスや松葉杖をした方の目撃が急増しました。
たまたまかもしれませんし、Aさんやすずめの見立てが当たっているかもしれません。
これは元々、汚染食品や放射能プルームなどで骨が弱くなっているところに、焼却炉から放出されたストロンチウムやカドミウムを吸い込むが「とどめ」となった結果かもしれないと仮説をたてています。

ですので、がれき焼却から1ヶ月程度、ギブス、松葉杖をした方の目撃例、身近な方々の実際の骨や関節の疾病の増加を記録して集計していただければと思います。
また医師や看護士、薬剤師さん、学校の担任の先生や保健の先生などにも聞いてみてください。もちろん焼却開始前の状況も把握しておくとよいかと思います。
なお、公立病院の骨に関する患者数などを役所に問い合わせたり、公開データを確認しても、データを改ざんされたり、本当のことを教えてもらえない可能性があります。
チェルノブイリ事故の後のソ連政府も、医療に関する諸データを改ざんし、国民に嘘をついていたことが明らかになっています。日本で同じことが起きない保証はどこにもありません。

皆様、北九州市と同様に、大阪でも焼却を短期間で終わらせてください。
そのためにも皆様で力をあわせ、骨折だけでなく様々な疾病に関する情報を集め、(なるべく、被害者や証言者の所属や実名がある方がよい)大阪市役所や環境省に提出し、焼却中止を促し続けてください。一度ではなく定例的に何度でも直接環境局に持ち込み、記者会見や議員への報告などもやって、関西人らしく派手に騒いでください!九州からの願いです、よろしくお願い致します!

by theinnforsparrows | 2013-01-14 15:06  

易骨折 その2 東日本の方々の声

『増え続ける易骨折』というテーマのTogetter(同じテーマのツイートを集めた記事)を、熊本市の小野 俊一医師が作ってくださいました。


ご存知の方も多いと思いますが、小野先生は東京電力に就職され福島第二原発で勤務された後に退職、医学部に入りなおし、現在開業されているという異色の経歴をお持ちのお医者様です。ブログ【院長の独り言】で大変貴重な情報とご意見を精力的に書かれていらっしゃいます。
では『増え続ける易骨折』からツイートの一部を転載させていただきます。
まずは東日本の方からの投稿とお住まいがどこか書かれていない方の投稿をまとめて転載します。
この後に続く記事で西日本の方からの投稿をまとめます。

(転載開始。)
ストロンチウムの影響ではないかと昨年6月からずっと考えている」by onodekita
「東京など大都市圏にお住まいの方。松葉杖を使っている、あるいは手の骨折を治療している人など、多く見かけませんか?」onodekita (小野 俊一先生)2012/09/30


東日本及び住所不明分

昨日、山手線で、松葉杖の方を2名見かけました、そういえば・・。 jimhallinberlin 2012-09-30

東京ではありませんが、ここ半年の間に社内で6人くらい骨折しています。またつい先日も買い物中に足にギプスして車いすに乗っている女性を見かけました。骨折増えていると感 じています。 akiko_vitz84 2012-09-30

腕を骨折してる方は見かけませんが、松葉杖の方はよく見かけます。 この前はベビーカーに乗った1~2歳の赤ちゃんが足にギプスをしていたので驚きました。赤ちゃんのギプスを初めて見たので…。 あと三十代の同僚が咳が止まらず、肋骨を骨折しました。 corpuscle127 2012-09-30
 
知人の中一の娘さん自転車で転んで肘を骨折。手術で金属を入れ、近いうちそれを取りだす再手術の予定。東京東部ホットスポット住まいです。 気にせずなんでも食べる家庭。  mayu7eri3 2012-09-30

骨折、多いですねー。私の知人の娘さんも中2で多摩地区。同じく手術です。
wakame113 2012-09-30

疎開する前ですが東京東部で同じマンションだけで人お子さんが2人、幼稚園で1人いました。みなさん放射能を気にしていないご家庭です。 naomiya0618 2012-09-30

息子の中学で、体育の授業中、同じ日に二人骨折。サッカー部とバスケ部。 多摩地区です。 marinosukenken 2012-09-30

何か原因があるのでしょう か?勤務先の中学校でも2学期になり骨折している、していた生徒が目立ち ます。群馬です。 RoadEasy 2012-09-30

易骨折は、昨年6月の福島でも報告されている。妄想の域に近いかもしれな いが、ストロンチウム、あるいは放射性銀などがカドミウムに変化したり と、放射能の家の重金属が骨に沈着してもろくなっている。易骨折。芸能人も最近多い onodekita (小野 俊一先生) 2012-09-30

いつもと違う、何が違うかに気がつくと、解決の糸口が見えてくる。それをつぶやいて、風評被害だ、東北の苦しみを知らないなどと罵られたら、ます ます自信を持とう。 onodekita (小野 俊一先生)2012-09-30

たくさん見かけます。東京小金井市なんですが、やたら骨折してギプスしてる人を見かけるねと娘と話したばかり。東京など大都市圏にお住まいの方。松葉杖を使っている、あるいは手の骨折を治療している人など、多く見かけませんか?” poepoeyo1 2012-09-30

東京東部、300世帯程のマンションですが、私が見掛けただけでも大人の方3人、小学生もついこの間から足にギプスしてました。最近立て続けです。 b_mom_b 2012-09-30

はだしのゲンの作者が、母の遺骨がボロボロだったって言ってましたね 東京ではないですが、昨日ドックランで犬を遊ばせにいったところ、飼い主の内2人もギプスをつけて松葉杖をついている方がいました。自分がいた時間では人間は十数名しかいませんでした。 torahige37 2012-09-30

松葉杖をついた学生をよく見ます、中学生や高校生。最近多いと感じてました。 kelilily 2012-09-30
 
千葉に住むいとこの子ども(幼児)が、最近腕を骨折してしまったそうです。放射能は気にしていない様。母が、小さい子どもはそんなに骨折するものじゃないのに、と言ってい ました。 あまりに話題がタイムリーで…何とも言えない気持ちです。 kazuppo616 2012-09-30

世田谷区小4男子2人。A君右手薬指と小指、B君は右足首付近、先月別の日に いづれもサッカー中に骨折。 母が七月に右側の足にヒビがはいりました。 捻ったから捻挫だと思っていたようです。 魚よく食べてたので、ベクレちゃって骨にヒビが入ったのか不安です。( ̄〜 ̄;) dreamhope011 2012-09-30

首都圏在住の30代後半男性。 3.11直後フクシマの野菜を積極的に食べてました(家族で)。春頃、バスケットの試合で足首を故障し、ギブスに。 suncha111 2012-10-01

都内ですが3.11後から自転車ハンドルをちょっとぶつけて肋骨骨折2件(お年寄りではない)、骨折では ないけれどスポーツ万能の小学生が成長痛やオスグッド病、野球肘など膝や足首、関節が痛くて運動できない…という話を少なくとも6件聞きました。 気になっています。 beautifulsong39 2012-10-01

たったいまあさイチで骨折が増えているという国民病ロコモティブシンドロームっていうのをやっていま す。びっくりしました。伏線でしょうか。 tyatyatoran 2012-10-01 08:22:19

NHKあさイチ。「骨」がテーマだとばかり思っていたのだけれど、今視聴者 からのファックス。「ずっと行方不明だったものが冷蔵庫に入っていた(絶対入れない様な物)」「最近卵とかを落とすようになった」「ちょっと重い包丁を使うと手を切るようになった」 ちょっとやばくない? Tabikuma1 2012-10-01

川崎市内でも骨折者をよく見かけますね。特に高校生が多い気がします。近所にある高校の、松葉杖をついた運動部員らしき学生を、何人も目撃しました。スポーツで骨折したんだろうなと思い、さほど気にしてなかったのですが。 4x4x41000 2012-10-01

考えすぎなのかもしれませんけど、今日、一度に友人の夫が東京で脳梗塞になり、(まだ40代後半か 50代)もう一人3ヶ月ぶりに会った友人が8月に糖尿病になってました。 (こちらは60代)。放射能の影響では・・なんて考えたくないけど考えて しまいます。 Pekolincat 2012-10-01

「易骨折」という言葉、初めて知りました。今年4月に家の中でぶつけて足の小指を骨折。50歳過ぎて生まれて初めての骨折。二つ年上の義姉は昨年7月に転んで手首骨折。年齢のせいで骨がもろくなったか?とも思ってましたが。環境中(空気中)の重金属の存在は日々感じてます。 hirominkok 2012-10-01

今年の2月ごろにツイートし ましたが、世田谷の小学校の息子のクラスでも「友達に足をふまれただけで」足の骨にヒビが入った女の子がいて、同じ子が友達に「ぶつかっただけ で」また腕を骨折、ということがありました。その子のお母さんも保護者会 の時ビックリしたと言ってた。 BQN_yachiyo 2012-10-01

脚がつる人も多い。 umeko23 2012-10-01

昨年ですが、夏前にパンを齧ったら、歯が二本割れた高校生がいました(埼玉南部)。都内の大学病院の整形外科に、いつもは見かけない、子どもたちがかなり来ていたようです。昨年の4〜5月だったかと思います。 summodiscrimine 2012-10-01

ちょうど昨日話題になりました。うちの子供が夏に膝を。従兄弟の中学生の兄弟二人が右手を夏に。小4同級生、春に1人、夏に1人、運動会数日前に1人。今年4月からの骨折情報です。
onigirikobuta 2012-10-01

うちの小学校には今年春、両腕骨折した女の子がいた。昨年は運動会練習で同じ時間に2名が足の指を骨折 suanboon 2012-10-01

【被曝と骨折】チェルノブイ リ事故後に「骨粗しょう症」が増加 http://t.co/OO2JHS7B
hanayuu 2012-10-02

函館でも、タンポポやフキノ トウが異常な巨大化しているのが、いたるところで報告されています。最近、軟骨剥離がおこりました。 wether_cat 2012-10-02

今は熊本に移住してますが、今年の3月までに、小学校で松葉杖ついてたこども達を見ました。知ってる子どもは二回目って言ってました。最近、更に増えているのでしょうか? ekotomo 2012-10-02

私も動悸やけん怠感など強い症状が出ているとき、なぜか右のふくらはぎがつります。 snoopymaygon 2012-10-02

外食するとその度ではないですが四肢に脱力感が出たり足がつったり、なぜか左瞼が痙攣することがあります。脱力 感、瞼の痙攣は1~3日続きます。 mapletea46 2012-10-02

主人の母が去年5月頃、左手親指付 け根の激痛で整形に行ったら関節が変形してる、と言われたそう。最初、赤くなり熱をもったそうです。義母はその他にも急激な体重減少、眩暈、時々痢などがあり私は被曝を疑ってます。 mapletea46 2012-10-02

こんばんは。ちょっとご報告を。うちの学年で1人骨折、3人ひどい捻挫で登校。授業中突然鼻血を出し た子あり、他学年に足の故障で運動禁止が多数。鼻血を出したのは最近杉並から転校してきた子でした。それにしてもちょっとしたことですぐ大けが。 さすがに気持ち悪くなりました。 kazumyagu 2012-10-02

多摩地区ですが、今日同級生が 鼻血を出 したと子供から報告がありました。今日から搬入、焼却と聞いています。 Deacon1967 2012-10-02

スポーツ中に半月板を損傷し てしまいました。どうってことのない状況でしたが、しゃがみこんだ途端に破砕した模様です。半月板は軟骨ですが、これもストロンチウムによる内部被曝の可能性がありますか? mini_burn 2012-10-02

昨日、会津若松市に住む医療関係者の友人からもらったメールの内容です。 「会津はだいぶ普通の暮ら しを取り戻してきました。ただ気になるのは、最近交通死亡事故が多発しており、救助隊が出動するような事故が増えていること。やはり震災ストレス が関わっているのかな」 i_mamehiko 2012-10-03

こんにちは。今日学校休んで家にいる、中2の息子が「学校で松葉杖の人多いんだよ。」といってきまし た。学年(250人くらい)で4人。 megum4 2012-10-03

私も今年の春と夏に、生まれて初めて二度続けて骨折しました。掃除中に肋骨を折り、次は捻挫して足首を骨折してギプスを二ヶ月。 newshinko 2012-10-04

今日MRIで精密検査したところ、半月板ではなく膝大腿骨坐骨骨折と十字靱帯断裂であることが分かりま した(涙)。「その程度で折れる場所じゃない」と医者も首を捻ってました。やっぱり、アレが原因かな・・・? mini_burn 2012-10-04

小学校。私のクラスに、春に続き今2度目の骨折に悩む子がいます。手首です。その子の姉も母も揃って骨折していた…何でだろう?と不思議でたが、やはり。。。。 ainokuroko 2012-10-04 22:08:50

柏在住ですが、1歳~3歳男子の易骨折を2件すぐに思い出しました。15㎝ほどの台から落ちて鎖骨骨折と、家で転んで肘骨折。もし私のツイートを骨折した子のママや近しい人が読んだら…とか思うと報告にできず今に至っていました。 ayakk_95 2012-10-06

養護教諭に聞いたところ確かに骨折が最近多いとのことでした。特に剥離骨折。
RoadEasy 2012-10-07

70歳の母も冬に手首を骨折、手術しました。治りも悪い。 fukuwaraiti 2012-10-08

今日は幼稚園の運動会でしたが、骨折している人を計四人(大人2人、子供2人)見かけました。足立区です。 cootaro1208 2012-10-08

娘の中学校の懇談会で先生から「このところ骨折事故が多い。この年齢なると成長が急で加減がわからずふざけでぶつかったりして骨折したりしてるので注意してください」との 話。そんなの我々が子供の頃は少なかった。???別の原因を考えます。 AtsushiHinata 2012-10-09

福島から避難されたママも、つい最近娘さん骨折されたと(>_<) sencyon 2012-10-14

50歳代女性、職場で段差を踏みはずして踵骨折。都内勤務で千葉県流山市在住。放射能全く気にせず、外食ばかりしていました。放射能被害が近くまで迫ってきたようで怖いです。 pavlova9655 2012-11-15

最近 『爪が割れた』というツイートが多くて気になっています。 akmm1979 2012-11-20

多摩地区の高校のクラスの保護者会 で...。鼻血がとまらず、朝、遅刻しがちな男子1名。骨挫傷1名。寝てばかりで勉強ができない...多数(部活のせいだと親は思っている...けど、どうなんだろう!?)。生徒のほとんど多摩地区在住。 leh_manali 2012-11-20

先生、歯医者のお友達はいませんか。歯根が溶けたとか、奥歯が割れたとか、そういう友人が増えているのですよ。これも同じ原因じゃないですか shinrai669669 2012-11-23

また社内で骨折者の情報が。 3月から9ヶ月間で7~8人、従業員の1%近くが骨折って、普通じゃないですよね。 akiko_vitz84 2012-11-28

先月、鎖骨を折った小学生を見ましたよ。巨人の星の星飛雄馬が付けてた大リーグボール養成ギブスみたいな奴をつけてたので、思わずその子の側にいたお母さんに声をかけて話を聞いたら、原因不明だと言ってました。 4x4x41000 2012-11-29
(転載ここまで。)

すずめです。
小野先生の元に短期間に集まったツイートだけでも、これだけあります。皆様どう思われますか?
つまずいたとか踏まれたとか、ちょっとしたことでも骨をやられるような証言がありますよね。
10代の若年層では骨はまだ柔らかいが「しなやか」なので簡単には折れるものではない、というお話を聞いたことがあります。でも1上記には10代以下の骨折の事例の証言が大変多いです。
骨以外にも集中力の欠如・鼻血・歯の欠損・足がつるなど気になる症状の証言もありますね。すずめもすずめの家族や友人も昨年の9、10月頃、寒くもないのに足がつることが多いよねと話をしていました。北九州のがれき焼却開始の頃です。

また上記ツイートの中に、「コロモティブシンドローム」に関するテレビ放送が行われた旨あります。
これは2012年10月1日放送のNHK『あさイチ!』で【40代から注意!ロコモティブシンドローム】というタイトルの放送です。

ロコモティブシンドロームとは下記のような症候群だそうです。
「運動器官の障害によって日常生活で人や道具の助けが必要な状態、またはその一歩手前の状態のこと。和文では運動器症候群といいます。
運動器官とは筋肉、関節、骨などの人が移動するために使う器官のことで、筋力が低下したり、関節に疾患を持っていたり、骨粗しょう症などで骨がもろくなっていたりすると運動機能が低下し、日常生活に支障が出てしまう。」

私に情報提供をしてくださっているAさんはこのNHKの放送について、「福島第一事故の影響による、骨折など骨や関節の疾病を隠ぺいする目的があるのではないか。実際にロコモティブシンドロームというものは存在するのだろうけれど、事故で放出された放射能、化学物質の影響であるかもしれないと国民が疑うことから、目をそらさせようとしているのではないか。」と仰っていました。

ちなみにNHKは、2012年10月03日に『ためしてガッテン』で、【女性の5割が危険領域 謎の足腰フラフラ病!】という番組を放送しています。
これについてもAさんは、「原発事故以降に多数発生している、激しい体のだるさ、下半身に力が入らない、ふらつく、疲れやすいといったいわゆる《原爆ぶらぶら病》と似た症状をごまかすために、NHKが国の手先となって国民を洗脳しようとしているのだろう。なんといってもタイトルが《謎の》足腰フラフラ病となっている。胡散臭さがプンプンだ。第一、女性だけでなく男性にも似たような症状は出ている。私(Aさん)や近所の男性にも出ている。」と仰っています。

by theinnforsparrows | 2013-01-14 14:23  

易骨折(えきこっせつ)

昨年秋から北九州市内の小倉や黒崎の繁華街に出かけると腕にギブスをしている人が多いように感じていました。8月までは気が付かなかったのですが、9月の半ばからふと思うところがあり、記録を付けていました。
9月の中旬から月末まで、約20日間で4人の方が腕にギブスをされていました。年齢も5歳くらいの女の子から50代と思われる男性まで様々です。一般に子どもの骨というのは軟らかいけどしなやかなので簡単に折れるものではないと聞いておりましたので、ギブスをした小さな女の子を見たときは意外でした。
10月に入ったばかりのある日、近所のある病院(福岡県遠賀郡内)に入院しているご近所の方を義母がお見舞いに行きたいというので付き添って訪問しました。帰りに受付を通って外に出たのですが、受付前を通るわずか1分程度の間に腕にギブスしている患者さんを3人見かけました。病院だからといって、今までにこんな一度に見ることはあったかな?
その日の夕方、遠賀郡にてまたも小学生の女の子が腕にギブスしているのを見かけ、さらにその翌日にも北九州市八幡西区のスーパー内で松葉杖をつかれているご婦人を見かけました。

ギブスや松葉杖をされている方の私の目撃例について、これを多いと見るか少ないと見るかは人により違うと思います。しかし私自身はとても違和感を感じています。私個人としては明らかにギブスをしている人を見かけることが増えています。

といいますのは、私に情報を提供してくださる北九州市内在住の方(Aさんとします)からお聞きした話があるからです。Aさんのお子様が通う中学校では、お子様が記憶しているだけで昨年の秋から4月までに4人の生徒が骨折し、(実際はもっと多いかもしれません)事態を重く見た学校側も集会で「骨折に気をつけるように。」と生徒に伝えていたというお話を聞いていたからです。
さらに先月半ば、またAさんのお子様が「今日の体育祭の学年ごとの練習で、腕に包帯をしてテントで休んでいる人が3人いた。」と教えてくれたそうです。学年で3人ならば単純計算で学校内に10人前後、同時に骨折や他の怪我をしている可能性があるということです。11月にAさんが文化祭の見学でお子様の学校に行かれた際にも、足にギブスをし松葉杖をついている男子生徒を目撃したとのこと。Aさんは知人であるスポーツのコーチや看護士さんに尋ねても、やはり最近骨折する人が多いという答えだったそうです。


前述のAさんも私も、昨年から骨折やけがでギブス、松葉杖、包帯をしている人を見かけることが多くなり、北九州市の震災がれき焼却開始直後にさらに急増したような印象を受けるということで意見の一致を見ました。
原因はストロンチウムなのか、カドミウムなのか、それとも両者や他の要因による複合汚染なのか、まだ何も分かりませんが医師など専門の皆様にはぜひ実態と原因を追究していただきたいものです。
なお、カドミウムは原子炉内に存在する放射性銀が改変して発生します。もちろんいまだカドミウム米などが出回り、カドミウムは様々なルートから日本人の体内に入り続けています。福島第一事故やがれきの焼却で大気中に放出されている可能性があるのです。
また、ストロンチウムが原因であるとすれば、骨に沈着した放射性物質は排出を試みようとしても難しいというお話も聞いたことがあります。
原発事故からわずか数ヶ月で事故現場から1,000キロ以上も離れた九州でもこのような事態が起きています。数年後、数十年後にはいったいどのような事態となるのでしょうか?チェルノブイリ事故の時よりもさらに広範囲でしかも健康の異変の進行速度が速すぎるというのが私たちのお仲間の中でも共通の意見です。
やはり汚染食品や汚染肥料が大量に全国に流通した疑いが強くもたれます。特に学校給食です。

私たちは今後も情報を収集してまいります。皆様もよろしければご協力くださいませ。

by theinnforsparrows | 2013-01-14 11:28 | 健康問題  

ぐり茶会 イベント

北九州市小倉南区を中心にママさんたちががれき問題から端を発して、内部被曝問題、食品の問題で啓発活動に頑張っていらっしゃいます。「ぐりーんぐりーんちゃいるど」さんです。こちらのイベントをご紹介致します。

「内部被ばく と おうちのごはん」

第4回
日時 : 1月15日(火)10時半~
場所 : エフコープ志井店2F
北九州市小倉南区志井1-27-1


第5回
日時 : 1月25日(金)10時半~
場所 : ちいさいお家 小倉南
北九州市小倉南区田原4-4-2


費用 : 両日とも おひとり 200円(資料代として)
問合せ : E-mail green.green.child@gmail.com
主催 子どもの笑顔を守りたいママの子育てサークル ぐりーんぐりーんちゃいるど
協賛 北九の子供を守るネットワーク

お茶などご自由にお持ちください。

お子様連れOK!お気軽にお越しください(≡^∇^≡)

外部被ばく と 内部被ばくってなぁに?
ベクレル とか シーベルトって聞いてもピンとこない。
「食べる」ことを通して内部被ばくについて、みんなで情報交換しませんか?


すずめです。
私もぐりーんぐりーんちゃいるどのメンバーさんのことは知っておりますが、子どもたちの未来を守るために本当に熱心で真剣に活動をされていらっしゃいます。
お近くの方で、一人で原発事故のことや食べ物の安全性などに不安を感じていらっしゃる方、一緒に語り合い勉強されてみませんか?
ぐりーんぐりーんちゃいるどさんのブログはリンクをサイドに貼っています。北九州市内の小中学校の給食材料の産地などもアップしてくださっています。
一例を転載させていただきます。

【1月11日の学校給食・メニュー】
手巻きごはん・牛乳・白玉雑煮・黒豆
[ごはん]福岡
[白玉もち]千葉・栃木(千葉)
[ごま]中南米・アフリカ(三重)
[牛乳]福岡
[鮭フレーク]北海道・三陸
[鶏肉]九州・山口
[かまぼこ]北米(山口)
[黒豆]北海道(三重)
[焼きのり]有明海(長崎)
[人参]長崎・宮崎・鹿児島・熊本
[椎茸]大分・熊本(福岡)
[白菜]大分・熊本・宮崎

※( )内は加工地

う~ん、北九州市は学校給食の地産地消を唄いながら、やはり東日本の食材も取り入れています。
地元のある市議会議員さんが「学校給食の放射能検査」実現に活動されているのも納得いきます。

by theinnforsparrows | 2013-01-13 22:31  

がれき受入れ中止にあたって、ある市民の思い

北九州市のがれき受入れ中止にあたり、私に情報を提供をしてくださっているT.Sさんがブログ【院長の独り言】の1月9日記事にコメントを投稿されていました。
ご本人の承諾を得て転載します。

(ここから。)
小野先生、皆様お疲れです。
さて、ついに北九州市の汚染がれき受け入れが止まることになりました。本日付けの報道です。

「北九州の震災がれき焼却3月まで 宮城県方針、1年前倒し」
 宮城県は10日、昨年9月から北九州市に委託している東日本大震災で発生したがれきの焼却処理を、今年3月末で打ち切る方針を固めた。(以後省略。)
2013/01/10 11:23 【共同通信】

とりあえずは、良かったです。ちょっとホッとしています。
しかし三菱マテリアルなどの民間企業の瓦礫や焼却灰、下水汚泥などの受入れはまだ続くものと思われ汚染と健康被害はまだ終わらないでしょう。特に黒崎や若松区の方々には災難が続きます。
また、ここで瓦礫受入れを北九州市が止めたとしても今まで起きた健康被害に対する市長と北九州市、市議会議員らの責任は消せるものではありません。偏向報道に明け暮れたマスコミの責任も重大。多くの市民の体内に入った放射性物質を含む化学物質が、今後様々な疾病を引き起こすかもしれません。
それにまず間違いなく北九州市内では瓦礫の有毒ガスにより、死者が出ていると推測しています。私や友人も感じていたことですが、とにかく昨年秋から救急車の出動が増えました。これはある総合病院に勤めている方も仰っていたので、まず間違いないでしょう。焼却開始直後からギブスや松葉杖の方を見ることも急増しました。
しかし市の統計資料を見てみると昨年と比較しても救急出動件数は大して増えていない。チェルノブイリ事故の時のソ連政府と同様、医療に関する北九州市の様々な公表データも改ざんされている疑いを持っています。市の消防局の職員自身、市民からの問い合わせに対し、「どんどん出動が増えています。」と教えてくれたのですから。
博多や下関の住民からも地元で救急出動が増えたと聞いています。超広域汚染です。

皇后崎清掃工場に近い私の会社でも、がれき焼却開始後、ご家族を亡くされる方がこれまで考えられないくらい多かったです。三菱化学のある社員の方も食べ物が通過できないほど扁桃腺が腫れて入院されました。

昨年秋から北九州市内で2.49マイクロ、1.54マイクロ、1.3マイクロなどとんでもない空間線量値が相次いで報告されました。それもすべて室内での計測です。
福島の瓦礫を焼いたのではないでしょうか。

最初に書いた共同通信の記事では、北九州市での焼却中止の理由として現地の可燃瓦礫の量が減ったことを挙げていますが、そんなことは今年の9月には分かっていたことです。石巻ブロックの木屑などほんの5万トンしかなかったのです。受け入れの前から北九州に持ち込む理由は破綻していたのです。
受け入れ中止の本当の理由は別のことにあるのではないでしょうか。
とんでもないほどの健康被害が市内外に出ていることが、真の理由なのかもしれません。

北橋市長と市役所、市議会議員は多くの市民を殺したのかもしれません。健康被害を与えたのはもう間違いのないところです。
環境省にも瓦礫反対派の方々が11月に70名分の健康被害レポートを提出してくださっており、市役所で記者会見も開かれました。しかし、いつものごとく、どこのマスコミも報道してはくれませんでした。マスコミも見事に役所とグルでした。

北九州市が終わっても、大阪や富山、新潟での焼却が始まります。さらに、国は8,000ベクレル未満の汚染稲わらの受け入れ自治体を応募するそうです。もはや悪魔ですね。

何よりも私が北橋らを許せなかったのは、我々が納めた税金で私らの命より大事な子ども達の身体を傷付け、さらにその子どもらに「瓦礫で健康を損なうことはありません」という洗脳チラシを学校で何度も何度も配っては騙し続けたことです。

市長らは、このまま健康被害を隠匿したまま瓦礫処理を終わらせるつもりでしょう。でも我々は許しません。環境への影響も甚大でした。八幡東区から八幡西区にかけ街路樹のプラタナスは瀕死の状態。葉は10月にはボロボロに。市役所前の勝山公園の芝生はほぼ全滅しました。試験焼却でホットスポット化したらしい戸畑区天籟寺~東大谷では銀杏が先祖返りどころか、色付く前にほとんどの葉を落としました。

議員らも「我々が助けなければ石巻から何十年も瓦礫が消えないだ!」と市民を騙したあげく、僅か半年で受け入れ中止の有様。これを一体どう市民に説明するのか。きちんと総括させたいものです。

今後も健康被害の実態を少しでも明らかにし、市長や市役所、議員らに落とし前をつけさせたいと考えています。
覚悟しておいてもらいたいものです。
また、性懲りも無く北橋が汚染稲わらなどを受け入れないよう、さらには民間企業の受け入れにも目を光らせ続けたいと思います。怪しい大型トラックはいまだ多数市内を走っています。
小野先生、北九州に関する記事をたくさん書いてくださり本当に感謝しております。
長文、失礼しました。

Posted by T.S at 2013年01月10日 21:53

なお、T.Sさんは北九州市の震災がれき受入れ前からの市内の放射能汚染が原因と思われる、子ども達の鼻血や植物の異変について記録を付けられ、ブログ【院長の独り言】に掲載してもらっていました。この記録は市議会議員などに渡し、汚染がれきを市が受け入れないように陳情されていたそうです。
リンクを貼っておきますので、ぜひご覧になってください。なおリンク先の「レポート」はクリックすると拡大できます。

(ワンクリックリンクがなぜか貼れないのでアドレスのコピーか、記事検索をお願いします。)

ブログ【院長の独り言】2012年2月7日記事
『枯れたツツジと鼻血を出す生徒たち-北九州からのレポート』
http://onodekita.sblo.jp/article/53491315.html

by theinnforsparrows | 2013-01-13 19:24 | 健康問題  

北九州市 震災がれき受入れ中止!

皆様、遅ればせながら明けましておめでとうございます。
事情により2ヶ月以上ブログ更新をお休みしておりました。大変申し訳ございません。
さて、もう多くの方がご存知かと思いますが、下記の通り北九州市の震災がれき受入れは今年3月末をもって中止となりました。

『北九州の震災がれき焼却3月まで 宮城県方針、1年前倒し』
 宮城県は10日、昨年9月から北九州市に委託している東日本大震災で発生したがれきの焼却処理を、今年3月末で打ち切る方針を固めた。同日中に若生正博副知事が北九州市を訪れ、これまでの謝意と打ち切り方針を伝える。当初は来年3月末までの委託を予定していた。
 可燃がれきの量を精査した結果、想定より下回ることが分かり、北九州市の処理を前倒しでやめても、目標とする来年3月のがれき処理完了は可能と判断した。県外への広域処理は東北と関東に限定する。
 現在西日本で処理を引き受けているのは北九州市のみで、今年2月からは大阪市が岩手県分を引き受ける。
2013/01/10 11:23 【共同通信】


大変喜ばしいことです。反対活動をされていた市民の皆様のご尽力と、全国からの皆様のご支援があってこその結果だと思います。本当に有難うございました。そしてご苦労様でした。
すずめも、すずめの家族も北九州市外の住民であるにもかかわざず、健康被害ではないかと思われる様々な体調の悪化が起きましたので、この中止の結果は素直に嬉しく思います。
中止の理由はがれきの量が大幅に下回ったことと上記記事に掲載されていますが、これが本当の理由ではないはずです。ジャーナリストの方などからもご意見をいただいておりますが、やはり多くの健康被害と環境破壊があったからだと思います。

北橋北九州市長と北九州市環境局は、当初の釜石市のがれき受入れ問題では受入れをを嫌がっていたという内部情報もいただいておりました。
また、公害防止協定の締結について動こうとされていた職員の方が内部のおられたともお聞きしています。
しかし、結局は暴挙を起こし、激しい市民の抵抗運動が起き、逮捕者2名(ヤラセだったようですが)を出すような事態にまで発展しました。
5月の試験焼却後に市内外から健康被害の声が多くあがり、北九州市にもこの被害レポート提出されましたがなき「無きもの」とされてしまいました。「安全ながれきを持ってきているのだから、被害はありえない。」と。せめてこの時に住民の声に真摯に耳を傾け、焼却中止を決定していればよかったものを、本焼却に強行突入し、無数の健康被害が発生し、市内で植物の枯死などの被害が出ました。大変残念なことです。決して許されることではありません。

北九州市ではいったんがれき受入れは終わりますが、本当は3月末などといわず即刻、今中止すべきですし、大阪市や北陸、静岡などでは行政によりいまだがれきが押し込まれようとしています。
東京や山形でも焼却は継続ていますし、北九州市の今回のような問題が二度と起きないように、私たちは廃棄物問題から目を逸らさず、行政を監視し、住民啓発を続けねばなりません。
また北九州市、北九州市長、がれき受入れを全会一致で決議した61名の市議会議員の責任問題も追求せねばなりません。このまま健康被害と環境が破壊された事実をうやむやにしてはならないのです。

このような理由から、拙ブログは今後も震災がれき問題に焦点を当て、更新してまいりたいと考えております。
どうかよろしくお願い致します。

by theinnforsparrows | 2013-01-13 18:56 | 健康問題