<   2012年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

試験焼却の後に起きたこと その3

公開用  震災ガレキ焼却試験後の健康調査レポート 1  

1.福岡市(今年5月に東京から避難)
2.3.11後、刺すような腰痛を憶えるようになった。2月に起きられない、歩けないという状態になった(東京在住時)。5月に福岡に来てからは歩けるようになっていたが、試験焼却の後はまた少しおかしくな
っている。
3.2011年3月11日~、2012年5月25~
4.80代 女性
5.上記の母 №004

1.八幡西区 (皇后崎焼却場付近)
2.試験焼却前日から喉が痛かった。試験焼却後、二三日して喘息が出、喉が潰れ、全く声が出ない状態が続いた。黄緑色の痰が出た。今まで見たこともない色で、不安を感じている。
(三菱マテリアルも不安要素の一つ)
3.5月22日~4.35歳 女性
5.匿名 №005


1.八幡西区 (皇后崎焼却場付近)
2.長女も注意して予防させていたが、前日から喉が痛いと言い、試験焼却中にお腹を壊し、6月11日現在もまだ治っていない。膝にアトピー状の皮膚炎が出来、ガサガサになった。原因が焼却なのかどうかはわからない。
3.5月22日
4.上記の娘
5.匿名 №005


1.熊本在住(東京からの避難者)
2.北九州市の対応による精神的苦痛。北九州市の日明での対応の酷さに、妻がショックを感じ、精神的に参っている。自分たち被災者にとって、逃げても逃げても放射能が追ってくるという状況は、精神的にかなりき
ついものがある。
3.5月23日
4.30代前後 夫婦
5.匿名 №007


この資料すべてに目を通させていただいて驚いたことは、セメント製造工場である八幡西区の「三菱マテリアル」に関する証言がたびたび出てくることです。ツイッターやBBSなんかでも時々目にします。

ガレキ反対運動をやっているすずめのお友達に、「三菱マテリアルががれきを焼いているって本当?」と尋ねてみました。
そうしたらまず、次の記事を読んでみて、と言われました。

【化学工業日報】様 2011年4月20日記事
「東日本大震災 三菱マテリアル 災害廃棄物 セメント全5工場で受け入れ」

すべての工場ということです。つまり八幡西区の工場も苅田町の工場もということです。周辺にお住まいの方々や、従業員の方々のご健康には影響はないのでしょうか・・・?これって法的には許されることなのでしょうか?

この三菱マテリアルに関して、お友達などから教えていただいたお話は後日改めて書きたいと思います。

by theinnforsparrows | 2012-07-15 17:08  

試験焼却の後に起きたこと その2

以下は6月6日、北九州市国際会議場で開催された「震災廃棄物受入れに関するタウンミーティング」の会場で参加者にインタビューして得られた、ガレキの試験焼却後に何らかの症状が出た方々の証言集です。
インタビュー証言の中から、その内容を公開してもよいと承諾してくださった方々のものを報告書としてまとめ、、環境局・ガレキ担当の梶原課長に直接手渡されているとのことです。

既にウェブ上でも公開されています。こちらにも数回に分けて転載させていただきます。

試験焼却前からご体調を崩されている方、東日本からせっかく九州まで避難されて来られたにもかかわらず、またもガレキ焼却の不安に悩まされる方々がおられることに、なんともやりきれぬ想いを抱いてしまいます。

北橋市長や環境局の担当者の方々は、この資料を見てガレキの受入れについてどう考えておられるのでしょうか?考え直すことはないのでしょうか?

公開用  震災ガレキ焼却試験後の健康調査レポート 1

1.地域(●●市●●区、町●●丁目まで、可能な限り)
2.症状
3.体の不調の時期4.年齢、性別
5.実名(可能な限り) №000

1.小倉北区
2.24日に咳が出始める 熱38度7分出て、その後も微熱状態が続いた。喉の痛みと咳は止まらず、今も続いている。(6月11日)肺が痛い。今までこんなに長引くことはなかった。
3.5月24日~6月11日(電話取材日)
4.46歳 女性(母)
5.匿名 №001

1.小倉北区
2.試験焼却前の21日頃から、体調不良できつがっていた。熱は無し。 喉が痛いと言っていた。
運動会があったが、行かせてしまったことに気分的に後悔がある。
3.5月21日~6月11日(電話取材日)
4.7歳(娘)
5.匿名 №001 (注:上の46歳の女性の娘さんでしょうね)

1.熊本県山鹿市
2.23日 新門司の試験焼却場で3~4時間過ごしている間に、喉が痛くなって、腹痛、頭痛も出た。熊本に帰ってからも2~3日間、腹痛と下痢が続いた。
3.5月23日~2、3日
4.20代前半 女性
5.匿名 №002

1.八幡西区黒崎
2.試験焼却から2~3日後に、鼻血が出た。
北九州で就職先をみつけて喜んでいたところだった。しかし体調の変化に不安を感じ、現在、熊本への移住を検討中。
3.5月27・28日頃4.20代前半 女性
5.№002の妹さん №003

1.福岡市(今年5月に東京から避難)
2.東京では外資系の会社に勤めており、3.11の時には、会社命令で全員自宅退避になっていた。本社を大阪に移転するという話になったので、外資系の会社を辞め、別の仕事についたが、8月頃に体調が悪化、熱が出て、その2日後くらいに頭痛が出る、という繰り返し。
皮膚に湿疹が出来た。外食をすると激しい下痢をする。外出すると熱が出るようになり、家にいるようになった。指先の皮が剥けるが、治らない。違う指にも広がっていく。目眩、喉が痛くなって、不眠に陥る。心臓が痛くなり、手足が痺れ、血が行かなくなった感覚を覚え、このままだと自分は死んじゃうんじゃないか、と心配になり、地震が怖かったこともあり、移住を決意。当時はマンションの8階に住んでいたが、暮れにはひっきりなしに救急車のサイレンが聞こえ、それが移住を後押しした部分もある。
5月に福岡へ移住。体調は次第に良くなってはいるが、北九州の試験焼却後は少し調子が悪い。
3.2011年8月頃~、2012年5月 25~
4.50代 女性
5.匿名 №004

転載元
【がれきSTOP北九州!子どもを守ろうプロジェクト】様

by theinnforsparrows | 2012-07-15 16:41  

試験焼却の後に起きたこと その1

いろいろ書きたいことはあるんですけど、まずは一番気になる北九州市のガレキ問題から。特に健康や私が大好きなお花なんかへの影響がとても気になっています。

福岡県北九州市では5月23日から25日にかけ市内の清掃工場2箇所で、宮城県石巻市の震災ガレキを試験的に焼却しました。
「体に異変が出る人がいるかもしれない。」と焼却の前から案じていましたが、私の想像以上にいろんなことが起こったようです。

放射性物質を含む、なにか化学物質が清掃工場の煙突から漏れ出したのでなければ、こんなことは起きえないと思うほどです。

PCからのロムだったら、ぜひこちらをご覧になってください。市民団体の方が情報収集された資料です。

『北九州市 石巻市震災廃棄物試験焼却後に発生した健康被害の疑いのある事例』

この資料はブログ『原発問題』様が、6月6日記事として転載してくださっています。



私は、お友達が北九州でガレキ反対活動で頑張ってくれているので、試験焼却の後に出てきた健康に関する
おかしなことをたくさん聞いています。この資料にあるのはまだまだごく一部です。

少しでもお友達やその仲間の皆さんの力添えになればと、健康問題について、このブログでもお知らせしていきます。もちろん北九州の近くに住んでいる私自身や家族のことも気になりますから。

北九州市やその周りにお住まいの皆さんも、体のことで気になることがあったらコメントに入れてくださいね。
メアドを入れてくだされば、お話もできます。
非公開コメントにして、すずめにお知らせだけしておきたい方は、その旨書いてくだされば、公開はいたしませんので。

by theinnforsparrows | 2012-07-15 12:18  

ブログ開設

初めまして。チイサキモノの1匹、「すずめ」です。

以前から小さいくせに『世の表に出てこない問題』に中途半端に首を突っ込んでましたが、『3・11』から羽根に火が付いてしまって、原発・放射能問題をあれこれ考えてます。
特に、九州でも現れて始めている、放射能の影響かもしれない、気になる体や自然の異変、すずめの故郷であり、親族や友達がたくさんいる北九州の街のがれき受入れ問題を書こうと思っています。

どうか、「どうせ声を出したって無駄だ」なんて諦めないでください。3.11をはじめとする原発問題・TPP・経済・中国や北朝鮮、アメリカなどとの関係。日本は今大転換の時期にあります。このまま堕ちていくのか、再び輝きを取り戻すのか。
しかし私は、経済や技術だけではない、これまでとはまったく異なる、安心して暮らせる、それがいつまでも持続できる、本当の意味で世界から注目、世界から尊敬される、そんなニッポンを創っていくべきだろうと思っています。
私たち一人一人は小さな存在です。でも小さくてもみんなで声を上げていきましょう。いろんなことに。自分のできることから、得意なことから始めてみましょう。

そしてネバー・ギブアップ。
「夜明け前が一番暗い」のです。

どうか皆さん、よろしくお願いします。

by theinnforsparrows | 2012-07-14 18:03