北九州市災害廃棄物本焼却開始以降に発生した市民の体調異変データ 4

この記事では北九州市のがれき焼却開始直後から家族全員が一斉に体調を崩されたケースを2つご紹介します。
北九州市小倉南区の6人家族と、北九州市八幡西区に隣接する中間市の5人家族でのケースです。
比較的人数の多い家族が全員の異変、それが複数起きています。偶然で済まされることでしょうか。

まず、小倉南区在住のご家族6人全員が一斉に体調を崩されたケースです。3.11後に関東から来られたとのことでがれき焼却前からご家族に様々な体調不良があったとのことですが、がれき焼却によりさらに悪化されました。このご家族はがれき焼却後もいまだに体調不良を引きずっておられるようです。
《説明》
①時期、②住所または勤務地、通学地、③性別・年齢(年代)、④提供された情報
11.①9月17日以降 ②小倉南区 ③男 30代
④本焼却開始後の症状。
10月中旬~12月下旬-頭痛。
9月中旬-鼻血。鼻の中にいつも血の塊がある。
11月下旬~12月下旬-口内炎。
11月中旬~下旬-下痢。
試験焼却以降の症状。
5月24日-鼻血。
12.①9月17日以降 ②小倉南区 ③女 30代
④本焼却開始後の症状。
9月下旬~11月中旬-頭痛、めまい。
9月下旬~10月中旬。口内炎。
9月下旬~12月上旬-咳、喘息。
9月下旬~10月下旬-リンパの腫れ。
9月中旬~9月下旬-皮膚のかゆみ。
9月下旬~11月上旬-体のだるさ、不眠。
9月下旬~11月上旬-動悸。心電図を2度とりました。
試験焼却以降の症状。
6月上旬-鼻血。
13.①9月17日以降 ②小倉南区 ③男 高校生
④本焼却開始後の症状。
9月下旬-鼻血。
10月下旬~11月上旬-下痢。
試験焼却以降の症状。
5月24日-鼻血。
14.①9月17日以降 ②小倉南区 ③女 中学生
④本焼却開始後の症状。
10月上旬~1月16日現在-頭痛。
11月中旬-鼻血、喘息。
試験焼却以降の症状。
6月上旬-結膜炎で眼科にかかる。6月、プールの授業を受けていないのに水いぼ。
15.女 小学生
④本焼却開始後の症状。
10月上旬~11月下旬-腹痛がずっと続く。
16.①9月17日以降 ②小倉南区 ③男 幼児
④本焼却開始後の症状。
10月上旬~12月下旬-喘息。11月22日に大きめの発作が起きたので受診しました。
11月中旬~11月下旬-鼻水。一度38.9度の発熱。

次は中間市の5人家族のケースです。
17.①9月17日以降 ②中間市 ③男 40代
④以前は夜11時のニュースまで見てから寝ていたものが、夕飯を食べてすぐ寝てしまいます。
疲れがとれずだるい。毎日下痢。

18.①9月17日以降 ②中間市 ③女 40代
④頭痛、喉が絞められているような圧迫感とひりひりする痛み、胸の動悸、手の震え。洗い物をしているときなど、おかしくなったのではないかと思うくらい食器など落とします。喉の圧迫感はずっとあり、たまに身体が熱くなって震えが来るときがあります。

19.①9月17日以降 ②中間市 ③男 小学校高学年
④鼻水がずっと出ている。鼻づまり。くしゃみばかりしている。頭が重くてきついとたまに口にする。

20.①9月17日以降 ②中間市 ③男 小学生 学年不明
④喉が痛いと咳をよくしている。頭痛、微熱もある。たまにだるいという。鼻血は2度出た。

21.①9月17日以降 ②中間市 ③男 小学校低学年
④喉がいがいがして咳が止まらなくなるときがある(朝は無し)。鼻水、くしゃみ、鼻づまりが多い。アトピーが酷くなってきた。

by theinnforsparrows | 2013-10-14 11:15  

<< 北九州市災害廃棄物本焼却開始以... 今日のつぶやき2013.10.04 >>