北九州市 がれき焼却開始後の健康異変 1

北九州市内でがれき受入れの反対活動をされている方々が、盗聴や嫌がらせに遭っているとお聞きしまして、私も怖くなり更新をためらっておりました。ごめんなさい。

でも17日の焼却開始後に市民の方々に健康の異変が次々に出ているとのお話をいただきまして、怖がってもいられなくなりました。これから更新をしていきます。

では、いただいた情報を記します。

小倉南区在住、小学生のお子様がいらっしゃるお母様から。
「小学4年の娘のクラス(37名)で18日(火)は6名保健室へ、1名は熱を出して早退、19日(水)は2名が保健室、20日(木)は6名早退したそうです。

うちの子どもも18日(火)から喉が痛くて、咳が増えています。隣のクラスの男の子で熱が16日(日)から出て(40度近く)昨日治ったそうですがいつもの風邪の症状ではなく熱だけだったらしいです。
ママ友のお子さん、やはり小倉南区ですが、小学1年生の男の子が20日、5時限目に鼻血が出たそうです。試験焼却の時も出たそうです。いつも鼻血が出るタイプではないらしいです。年長さんの男の子も16日に熱が出ていたそうです。なんだか本当に恐くなってきました。一体何が起こっているのでしょう。

すずめです。
清掃工場から比較的距離のある小倉南区でも、こういうことが起きているなんてショックです。学校側は市役所や教育委員会へきちんと届けてくださっているのでしょうか。

もう1件、他の小学生、高校生のお子様をお持ちの市内在住のお母様からのお話です。
20日(木)、娘のクラス→欠席1名。保健室5名。鼻血1名。
長男(市内の高校)のクラス→鼻血1名

まだいただいた情報があるのですが、明日以降に書かせていただきます。

皆様も健康や動植物に異変がありましたら、コメント欄に書いていただけますでしょうか。
よろしくお願い致します。

by theinnforsparrows | 2012-09-21 00:25 | 健康問題  

<< 焼却前になぜ? 山本 節子さん 講演会 >>