試験焼却の後に起きたこと その3

公開用  震災ガレキ焼却試験後の健康調査レポート 1  

1.福岡市(今年5月に東京から避難)
2.3.11後、刺すような腰痛を憶えるようになった。2月に起きられない、歩けないという状態になった(東京在住時)。5月に福岡に来てからは歩けるようになっていたが、試験焼却の後はまた少しおかしくな
っている。
3.2011年3月11日~、2012年5月25~
4.80代 女性
5.上記の母 №004

1.八幡西区 (皇后崎焼却場付近)
2.試験焼却前日から喉が痛かった。試験焼却後、二三日して喘息が出、喉が潰れ、全く声が出ない状態が続いた。黄緑色の痰が出た。今まで見たこともない色で、不安を感じている。
(三菱マテリアルも不安要素の一つ)
3.5月22日~4.35歳 女性
5.匿名 №005


1.八幡西区 (皇后崎焼却場付近)
2.長女も注意して予防させていたが、前日から喉が痛いと言い、試験焼却中にお腹を壊し、6月11日現在もまだ治っていない。膝にアトピー状の皮膚炎が出来、ガサガサになった。原因が焼却なのかどうかはわからない。
3.5月22日
4.上記の娘
5.匿名 №005


1.熊本在住(東京からの避難者)
2.北九州市の対応による精神的苦痛。北九州市の日明での対応の酷さに、妻がショックを感じ、精神的に参っている。自分たち被災者にとって、逃げても逃げても放射能が追ってくるという状況は、精神的にかなりき
ついものがある。
3.5月23日
4.30代前後 夫婦
5.匿名 №007


この資料すべてに目を通させていただいて驚いたことは、セメント製造工場である八幡西区の「三菱マテリアル」に関する証言がたびたび出てくることです。ツイッターやBBSなんかでも時々目にします。

ガレキ反対運動をやっているすずめのお友達に、「三菱マテリアルががれきを焼いているって本当?」と尋ねてみました。
そうしたらまず、次の記事を読んでみて、と言われました。

【化学工業日報】様 2011年4月20日記事
「東日本大震災 三菱マテリアル 災害廃棄物 セメント全5工場で受け入れ」

すべての工場ということです。つまり八幡西区の工場も苅田町の工場もということです。周辺にお住まいの方々や、従業員の方々のご健康には影響はないのでしょうか・・・?これって法的には許されることなのでしょうか?

この三菱マテリアルに関して、お友達などから教えていただいたお話は後日改めて書きたいと思います。

by theinnforsparrows | 2012-07-15 17:08  

<< 試験焼却の後に起きたこと その4 試験焼却の後に起きたこと その2 >>