試験焼却の後に起きたこと その1

いろいろ書きたいことはあるんですけど、まずは一番気になる北九州市のガレキ問題から。特に健康や私が大好きなお花なんかへの影響がとても気になっています。

福岡県北九州市では5月23日から25日にかけ市内の清掃工場2箇所で、宮城県石巻市の震災ガレキを試験的に焼却しました。
「体に異変が出る人がいるかもしれない。」と焼却の前から案じていましたが、私の想像以上にいろんなことが起こったようです。

放射性物質を含む、なにか化学物質が清掃工場の煙突から漏れ出したのでなければ、こんなことは起きえないと思うほどです。

PCからのロムだったら、ぜひこちらをご覧になってください。市民団体の方が情報収集された資料です。

『北九州市 石巻市震災廃棄物試験焼却後に発生した健康被害の疑いのある事例』

この資料はブログ『原発問題』様が、6月6日記事として転載してくださっています。



私は、お友達が北九州でガレキ反対活動で頑張ってくれているので、試験焼却の後に出てきた健康に関する
おかしなことをたくさん聞いています。この資料にあるのはまだまだごく一部です。

少しでもお友達やその仲間の皆さんの力添えになればと、健康問題について、このブログでもお知らせしていきます。もちろん北九州の近くに住んでいる私自身や家族のことも気になりますから。

北九州市やその周りにお住まいの皆さんも、体のことで気になることがあったらコメントに入れてくださいね。
メアドを入れてくだされば、お話もできます。
非公開コメントにして、すずめにお知らせだけしておきたい方は、その旨書いてくだされば、公開はいたしませんので。

by theinnforsparrows | 2012-07-15 12:18  

<< 試験焼却の後に起きたこと その2 ブログ開設 >>